1. TOP
  2. オフショア投資の関連情報 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング
  3. FTライフ 最新の情報をまとめました。 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング

FTライフ 最新の情報をまとめました。 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング | そしてオフショア投資はこちら

FTライフ / FTLife

 

FTライフ( FTLife 旧アジアス/Ageas )について
最新の情報をまとめました。

新着情報
FTライフ社のクレジットカード手数料変更されています。

FTライフ社のクレジットカード手数料変更スケジュール
変更前:1% 2017年5月まで
変更後:2017年6月から1.2%
7月から1.4%、最終的に11月に2.2%までにアップされる予定

FTライフ(FTLife 旧アジアス/Ageas)は、香港の金融機関であり、
IFAと呼ばれるファイナンシャルアドバイザーを通じて提供されています。

そのため、FTライフ( FTLife )は、商品プロバイダーとして、
基本的に顧客資金の管理に特化しており、
投資先の選定や配分、切り替えなどは、FTライフ( FTLife )の商品・プランを販売する
IFAにより提供されるのが一般的です。

ここ数年では、そのIFAによって利回りや運用、運用報告から各種サポートに大きな差があり、
IFAのサポートに満足ができていない、運用がうまくいっていない事により
IFAの移管や変更を希望される方も急増しています。

解約、移管した方が良いのか?
今解約するといくら返ってくるのか?
移管はできるのか?
解約は? 口座は今どうなっているのか?
移管移籍はできるのか?どうなるのか?

契約から数年が経過し、運用を放置してしまっている、連絡が取れない、管理ができていない人が増えています。

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は

こちら からお申込下さい。

IFAの移管・変更希望入力フォーム
→ http://bit.ly/zUWFSI

IFAの移管や変更を希望される主な特徴や理由は、

・契約当初はしっかりとした商品の理解も無く、
ただただ香港で運用すれば利回りが良いという説明だけで
比較や調査も無しに始めてしまった方も多く
そして、数年が経ち、そもそも何処がIFAで担当者も分からないという状態になっているケースもあります。

また、
・不要な年会費、諸会費など毎年のコストが大きい
・直接IFAと契約ができていない(間に様々な代理店が介在している)
・IFAの事務的な手続きが非常にいい加減で信用できない
・IFAとして運用能力を有していないように見受けられる
・IFAの運用哲学をしっかりと持っているとは感じられない などなど

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
こちら からお申込下さい。

IFAの移管・変更希望入力フォーム

→ http://bit.ly/zUWFSI

 

FTライフ(FTLife 旧アジアス/Ageas)は

香港最大の保険会社の1社で、
現在は、投資会社である創九県投資管理グループ(JDグループ)の100%子会社となります。

その高い専門性とサービスにより、アジアのトップの保険会社を目
指しています。個人と法人のお客様に資産の保全と金融管理商品を
提供します。またパートナー会社と共に損保やMPFを提供いたしま
す。FTライフはお客様との長期的な関係を構築し、お客様の人生を
豊かにする最高の商品を提供していきます。

 

 リージェント(FTライフ)オフショア投資セミナー動画

香港ifa リージェント(FTライフ)のお問い合わせ

FTライフ / FTLife  とは

ベルギーの保険アジアス、香港生保事業を売却
Ageas(富通保険社)英名の社名を変更、中名は同じ
英名の新社名は、FTライフ/FTLife

社名変更で、英語表記の変更に伴い、
表記・呼称も「アジアス/Ageas」から「FTライフ/FTLife」へ変更されるが、
一定期間は新旧両社名を併記される。

IFA サービス

IFAの移管・変更とは

オフショア生保など金融機関が提供している投資プラットフォームであるラップアカウント、
投資ラップ口座の運用指示(一任運用など)・
アドバイスを行うIFA(独立ファイナンシャルアドバイザー)を
移管・変更することを言います。

IFA変更・移管を考えられている方
・そもそも何処がIFAで担当者も分からない
・不要な年会費、諸会費など毎年のコストが大きい
・直接IFAと契約ができていない(間に様々な代理店が介在している)
・IFAの事務的な手続きが非常にいい加減で信用できない
・IFAとして運用能力を有していないように見受けられる
・IFAの運用哲学をしっかりと持っているとは感じられない などなど

通常、アドバイザーを付けてのオフショア投資を行う場合、
資金の管理・保全・商品の提供ををオフショア生保など金融機関で行い、
投資先の選定・運用・アドバイスをIFAが行うのが一般的です。

また、その他IFAの役割として、
運用中のお客様の事務的な手続の代行を行います。

そのため、あくまでオフショア生保など金融機関は、資産の管理・保全のみを行っており、
運用益、利回りには影響を及ぼしません。(手数料を除いて)

例えば積立型の口座であれば、
オフショア生保など金融機関が提供する口座に定期的に投資資金を入れていき
そこからオフショア生保などが世界中から厳選した
世界トップクラスの 約24社のファンド運用会社(投資会社)の
ファンド約200種類以上のファンドの内、最大10本までを
IFAであるアドバイザーが、経済状況や運用状況に応じて、
任意に選択し運用していく仕組みです。

そのため、オフショア生保など金融機関事態に利回りはなく

どのタイミングで、ファンドを選択して運用していくかによって運用成績や
利回り(リターン)は人それぞれ変わることになります。

もちろん、投資家自身でファンドを選択することもできますが、
一般的にはIFAと呼ばれるアドバイザーにファンドの選択を一任で任せたり、
アドバイスを受けます。

ですので、アドバイザー次第で運用成績や利回り(リターン)が左右されることになります。

また、もし運用成績や利回り以外にも、運用開始後のサポートや対応に不満を持っていれば、 IFAの移管を検討した方が良い場合もあります。

現在、香港だけでも200社以上のIFAがビジネスを行っていますが、
過去のリーマンショックの前には、大小を含め、400社を超えるIFAがありましたが、
リーマンショック後、経営基盤が脆弱なIFAや、しっかりとした運用を行う
事ができないIFAは、廃業したり、吸収されたりと淘汰が進みました。

また、日本においては、
IFAとの間に複数の組織や会社が何層にも渡って関わっていたり、
いい加減な仲介者が介在していたり、
ネットワークビジネスの商材になっている例も少なくありません。

そのため、毎月の様に、非常に多くの方から、
IFAの移管や変更に関する問合せが増えている現状があります。

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
こちら からお申込下さい。

IFAの移管・変更希望入力フォーム
→ http://bit.ly/zUWFSI

 

FTライフ / FTLife について

新たにFT Life(旧アジアス/Ageas)の株主となる
JDキャピタルは香港系財務投資管理会社で、
北京を本拠、中国の株式取引所に登録されている。
創業は2007年、現在北米、中国、アジアにオフィスを構えている。

JDキャピタルは広範の金融サービスを提供し、
中国最大級の未公開株投資会社を含むさまざまな金融サービス会社を経営し
中国最大のプライベート・エクイティの投資機構の一つとなっている。

JDキャピタルのパートナーはテマセク、アリアンツ、
パートナーズグループグループやその他、多国籍金融機関が含まれる。

JDキャピタルは、
中国証券監督管理委員会の中国証券投資基金業協会に登録している。

アジアスの前身は、ベルギーのフォルティス・グループ(Fortis)が発祥

アジアス(フォルティス) オフショア年金積立(積立投資口座)を提供する金融機関の一社

 

FTライフ(リージェント) などお客様のニーズに合った最適なIFAを無料でご紹介いたします。

 

アジアス 旧フォルティス・フィナンシャル・グループとは

ベルギー・オランダ系総合金融機関
ベルギーの資本を中心とするヨーロッパの金融機関グループである。
1990年にオランダの保険会社AMEV社と、同じくVSBグループ社が合併して設立。
欧州を代表する金融グループであり、従業員は全体で8万人以上。
2007年度の銀行売上でINGグループに次ぐ第2位にランクインされている。

2008年10月14日、金融危機によりオランダ政府がFortis銀行部門と保険部門を
約168億ユーロで買収。共同で買収したABNアムロの資産も含まれており、
フォルティス銀行オランダ・ホールディングとフォルティス保険は
オランダ政府により国有化されることとなった。

 

FTライフ/FTLife、旧アジアス フォルティス概要

設立  1990年
業種  金融業
事業内容  保険業・銀行業
代表者  フィリップ・ディレク(CEO)
本社所在地  ベルギー・オランダ・ブリュッセル・ユトレヒト
資本金  約14億ユーロ
売上高  約169億7百万ユーロ(2007年)
総資産  約4,125億ユーロ(2007年)
従業員数  約84,634人(2007年)
主要部門
フォルティス銀行ベルギー(Fortis Bank Bel)
フォルティス銀行オランダ(Fortis Bank Hol)
フォルティス銀行ルクセンブルク(Fortis Bank Lux)
フィマゲン
フォルティス・インベストメンツ
フォルティス・アセットマネジメント

 

FTライフ(リージェント) などお客様のニーズに合った最適なIFAを無料でご紹介いたします。

 

積立投資について

オフショア投資として、海外ファンドを購入する方法には、
大きく分けて、毎月コツコツと買い続けていく「積立投資」と
まとまった資金で投資する「一括投資」という方法があります。

積立投資の目安は、
約3万円(300USD)/月~ が積立投資を始める目安になります。 (受入れてくれるIFAによる)

もちろん受入れてくれるIFAによっては、
積立投資の月額最低投資金額を 10万円(1,000USD)/月~ や 15万円(1,500USD)/月~と
IFA側の社内のルールによって様々ですが、
概ね、約5万円(500USD)/月~10万円(1,000USD)/月ぐらいが一つの目安になるのではないでしょうか。

積立投資のメリットは、
500万円や1,000万円といったまとまった資金を必要としないため、 毎月小額から取り組むことができる投資方法です。

一括投資であれば、下がった時にどうしてもハラハラしてしまう事もあるでしょうが、

積み立て投資では、
下がったら下がっただけ翌月はまたたくさんの口数を買える事になり、
また、将来基準価格が上がったら上がったで利益が出ますので、
精神衛生上においても落ち着いて取り組めるのは積立投資という特徴もあります。

それに対して、積立投資のデメリットとしては、
積立投資は複利の効果を得るためには、
少なくとも10年~25年という投資期間が必要になりますので、
投資期間に余裕があり、収入の一部を投資に回していく方向けの投資方法です。

主に現役世代向けの投資スタイルです。

 

リージェント(FTライフ) などお客様のニーズに合った最適なIFAを無料でご紹介いたします。

 

一括投資について

オフショア投資として、海外ファンドを購入する方法には、
大きく分けて、まとまった資金で投資する「一括投資」と
毎月コツコツと買い続けていく「積立投資」という方法があります。

一括投資の目安は、
約500万円(5万USD)~が一括投資を始める目安になります。 (受入れてくれるIFAによる)

もちろん受入れてくれるIFAによっては、
初回の一括投資の最低投資金額を 3,000万円(30万USD)~ や 5,000万円(50万USD)~と
IFA側の社内のルールによって様々ですが、
概ね、約500万円(5万 USD)~1,000万円(10万 USD)ぐらいが一つの目安になるのではないでしょうか。

一括投資のメリットは、
手持ち資金を使って投資をするので、将来価格上昇するのであれば、
資金を寝かしたまましてしまっているのに比べ、
チャンスロスをせずに資金を有効活用できるところです。

それに対して、一括投資のデメリットとしては、
その時の為替、株価、基準価格などの価値が一気に投資時に影響するため、
投資を行ったその瞬間から損益が計算されて行く事になります。

一括投資であれば、下がった時にどうしてもハラハラしてしまう事もあるでしょう。

一方、積み立て投資では、下がったら下がっただけ翌月はまたたくさんの口数を買えるわけで、
上がったら上がったで利益が出ますので、精神衛生上においても落ち着いて
取り組めるのは 積立投資という場合もあります。

しかし、積立投資は複利の効果を得るためには、
少なくとも10年~25年と投資期間が必要になりますので、
投資期間に余裕があり、収入の一部を投資に回していく方向けの投資方法です。

 

リージェント(FTライフ) などお客様のニーズに合った最適なIFAを無料でご紹介いたします。

 

ボーナスについて

各オフショア金融機関では、積立投資等を始める投資家に対する
インセンティブ(報奨)として魅力あるボーナス制度を用意している金融機関もあります。

ボーナス制度は、主に2つあり初期口座ボーナスとロイヤリティボーナスという
ボーナス制度に分かれています。
(ボーナス制度はタイミングにより変更される場合もあるため、各金融機関等へ確認が必要)

初期口座ボーナスは、
各金融機関ごとに、毎月ある一定金額以上(51,000円相当等)の
積立投資をする投資家に対して、初期口座ボーナスとしてボーナスが付与される。

初期口座ボーナス率の一例
積立期間  ボーナス率(毎月の積立額に対する)
20~24年  4.5倍
25~30年  6倍

初期口座ボーナス計算例
月10万円×30年の場合: 10万円×6倍=600,000円が初期口座ボーナスとしてボーナスが付与される

ロイヤリティボーナスは、
積立投資の満期時の時価総額に対して、
ボーナスとして、一定のロイヤリティボーナス率が時価総額に対して加算される。

ロイヤリティボーナス率の一例
15年満期  3.75%
20年満期  5.00%
25年満期  6.25%

 

リージェント(FTライフ) などお客様のニーズに合った最適なIFAを無料でご紹介いたします。

 

香港について

オフショア地域 香港(Hong Kong)

香港(Hong Kong)は、中華人民共和国の特別行政区域の一つであり、東京・
パリ・シンガポールと並ぶ有数の世界都市である。

■香港の概要

1842年の南京条約などによりイギリスの植民地となったが、
1997年7月1日午前0時(CST)に、イギリスから中華人民共和国へ返還され、
特別行政区となった。

香港は、古くから東南アジアにおける交通の要所であり、自由港で
あることからイギリスの植民地時代から金融の流通の要所でもある。
文化としては、中華文化のみならず、英国の影響を大きく受けた
近代的な文化が発展している。
ショッピング、食通の街として栄えていることもあり、観光業が盛ん。
中心部には超高層ビルが立ち並ぶ。

2008年、グローバリゼーションと世界都市の研究グループおよびネットワーク
(GaWC)により、香港は第1級に選ばれている。また、アメリカの外交専門誌
フォーリンポリシーによる世界都市インデックスでは、ニューヨーク・ロンドン・
パリ・東京に次ぐ世界第5位の評価を受けている。

公用語は、中国語(広東語)・英語。
面積として、1,104K㎡。人口約700万人。

■香港の経済・金融

成立背景から、規正が少なく低税率な自由経済を特徴としている。
アジアのオフショア地域としても有名。
貨幣は香港ドル。イギリス系の香港上海銀行(HSBC)と、スタンダード・
チャータード銀行、中国銀行の商業銀行によって発行されている。
金利については、2001年に金利が自由化されたものの、2005年5月に
アメリカドルのペッグ制から目標相場圏制度に移行されたことにより、
金利は基本的にアメリカ合衆国の金利動向に追従する。
香港のGDPの80%をサービス産業が占める。観光業はGDPの約5%を占める。

主要な証券取引所として、香港証券取引所があり、アジアを代表する取引所と
なっている。
市場の動きを表す指数として、代表36銘柄を対象として時価総額加重平均で
算出した、「ハンセン指数(Hang Seng Index」がある。

■香港の税制

香港は、日本から一番近いオフショア地域と呼ばれている通り、2006年度には
相続税も無くなり、資産運用で得たキャピタル・ゲインにも税金がかからない
税制を用いている。
もちろん、預金の利息に対しても税金はかからない。(日本では20%の源泉徴収)
海外で得たお金に対しても非課税。消費税も無い。
また、個人の所得税も15%程度と、アジアの金融中心地として、税制上の優遇措置
がとられている。
まさに日本からはオフショア口座を開設するのに、とても身近な地域と言える。

 

チェアーズ(FTライフ) などお客様のニーズに合った最適なIFAを無料でご紹介いたします。

このWebサイトは、国内だけでなく海外にも目を向け、投資をされる個人投資家の方へ情報提供を目的としたもので、特定の金融機関・金融商品の取引や勧誘を推奨する目的のものではございません。 また、日本語訳の記述に不正確な箇所・矛盾があった場合、英文を正文とします。

 

 アジアス(FTライフ) などオフショア投資で成功したいなら必見!