1. TOP
  2. オフショア投資の関連情報 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング
  3. FTライフ(FTLife) 香港と 積立 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング

FTライフ(FTLife) 香港と 積立 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング | そしてオフショア投資はこちら

FTライフとオフショア投資について

FTライフ FTLIFEなどを活用したオフショア投資を行うにあたっては、IFA(金融機関と雇用関係を持たずに独立・中立の立場で顧客にアドバイスをおこなうファイナンシャルアドバイザー)の選択がとても大切となる。

また、IFAにより料金体系やシステムは千差万別であり、「手数料」「年会費」「成功報酬」など、課金されるシステムも様々である。

そのため、オフショア投資を行うにあたって個々のニーズに合った最適なIFA選びは、プロに任せるのが成功への近道だと言える。

では、FTライフ FTLIFEとはどういう機関なのか?
FTライフ FTLIFEについて、以下に説明する。

FTライフの活用術

オフショアマッチングでは、オフショア投資を成功させるために、日本国内の国家資格者であるファイナンシャルプランニング技能士や税理士が、海外の正式なライセンス(SFC等)保持者でかつ信頼できるIFAやプライベートバンク(スイスPB等)を厳選し、無料で投資家にご紹介致します。

このIFAは代理店として販売時だけでなく、契約後のサポートも行うことになります。FTライフを活用してオフショア投資を行うにあたりIFAの選定が大きなポイントとなるのです。

FTライフなどは長期契約になることが多いため、サポート力の高いIFAを選定しなくてはなりません。

みなさんにとってFTライフなどを活用したオフショア投資におけるIFAやプライベートバンク(スイスPB等)とはどの様な存在でしょうか?

  • 「海外のIFAへ直接問合せるのはなんだか不安」
  • 「まだオフショア投資の専門知識に自信がないから問い合わせづらい」
  • 「そもそも信頼できるかどうか会ってみないとわからない」
  • 「事前にオフショア投資に必要な資格や免許をはじめ色々と情報を仕入れてから契約をしたい」等々・・・

オフショアマッチングではそのような不安や疑問点を解消し、お客様のニーズにぴったりと合ったIFA(香港IFA)やプライベートバンク(スイスPB等)を紹介させて頂いております。

もちろん無料でご紹介いたしますので、まずはお気軽に 資料請求への申込 または 個別相談をご依頼 下さい。

FTライフ / FTLife と 積立

リージェント FTライフのオフショア投資セミナー動画

香港ifa オスカーのオフショア投資のお問い合わせ

オフショア年金 積立(積立投資口座)を提供する金融機関の一社

ベルギーの保険アジアス、香港生保事業を売却
Ageas(富通保険社)英名の社名を変更、中名は同じ
英名の新社名は、FTライフ/FTLife

社名変更で、英語表記の変更に伴い、
表記・呼称も「アジアス/Ageas」から「FTライフ/FTLife」へ変更されるが、
一定期間は新旧両社名を併記される。

香港を拠点にするFTライフ

IFAの移管・変更・移籍 マッチングサービス

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
こちら からお申込下さい。

IFAの移管・変更・移籍ができる仕組みがあることはご存知でしょうか?

FTライフ/アジアス社を含めた世界的に展開をしている金融機関の投資口座やプランであれば、解約をせずともその口座を保持したままで投資アドバイザーだけを変更する、いわゆるIFAの移管・変更という事が可能です。
これをIFAの移管・変更といいます。

移管により優秀で満足のできる投資アドバイザー、IFAへ変更することが可能です。

あまりにも資産が目減りし過ぎていたり運用額が小額過ぎると、移管時に新たな受入先を見つけることが非常に困難になる場合が少なくありません。
手遅れになる前にご相談されることをおすすめいたします。

▼ IFAの移管・変更希望入力フォーム
→ http://bit.ly/zUWFSI

 

IFAの移管・変更とは、
オフショア生保など金融機関が提供している投資プラットフォームであるラップアカウント、
投資ラップ口座の運用指示(一任運用など)・アドバイスを行うIFA(独立ファイナンシャルアドバイザー)を
移管・変更・移籍することを言います。

IFAの移管・変更・移籍について、詳しくは こちら

 

利回りはIFAによって変わるFTライフ

FTライフ / FTLife について

新たにFT Life(旧アジアス/Ageas)の株主となる
JDキャピタルは香港系財務投資管理会社で、
北京を本拠、中国の株式取引所に登録されている。
創業は2007年、現在北米、中国、アジアにオフィスを構えている。

JDキャピタルは広範の金融サービスを提供し、
中国最大級の未公開株投資会社を含むさまざまな金融サービス会社を経営し
中国最大のプライベート・エクイティの投資機構の一つとなっている。

JDキャピタルのパートナーはテマセク、アリアンツ、
パートナーズグループグループやその他、多国籍金融機関が含まれる。

JDキャピタルは、
中国証券監督管理委員会の中国証券投資基金業協会に登録している。

アジアスの前身は、ベルギーのフォルティス・グループ(Fortis)が発祥

アジアス(フォルティス)
オフショア年金積立(積立投資口座)を提供する金融機関の一社

アジアス 旧フォルティス・フィナンシャル・グループ(Fortis Financial Groep)とは

ベルギー・オランダ系総合金融機関
ベルギーの資本を中心とするヨーロッパの金融機関グループである。
1990年にオランダの保険会社AMEV社と、同じくVSBグループ社が合併して設立。
欧州を代表する金融グループであり、従業員は全体で8万人以上。
2007年度の銀行売上でINGグループに次ぐ第2位にランクインされている。

2008年10月14日、金融危機によりオランダ政府がFortis銀行部門と保険部門を
約168億ユーロで買収。共同で買収したABNアムロの資産も含まれており、
フォルティス銀行オランダ・ホールディングとフォルティス保険は
オランダ政府により国有化されることとなった。

FTライフ/FTLife、旧アジアス フォルティス概要

設立  1990年
業種  金融業
事業内容  保険業・銀行業
代表者  フィリップ・ディレク(CEO)
本社所在地  ベルギー・オランダ・ブリュッセル・ユトレヒト
資本金  約14億ユーロ
売上高  約169億7百万ユーロ(2007年)
総資産  約4,125億ユーロ(2007年)
従業員数  約84,634人(2007年)
主要部門
フォルティス銀行ベルギー(Fortis Bank Bel)
フォルティス銀行オランダ(Fortis Bank Hol)
フォルティス銀行ルクセンブルク(Fortis Bank Lux)
フィマゲン
フォルティス・インベストメンツ
フォルティス・アセットマネジメント

リージェント(FTライフ) などオフショア投資を行うお客様のニーズに合った最適なIFAを無料でご紹介いたします。

 

このWebサイトは、国内だけでなく海外にも目を向け、投資をされる個人投資家の方へ情報提供を目的としたもので、特定の金融機関・金融商品の取引や勧誘を推奨する目的のものではございません。 また、日本語訳の記述に不正確な箇所・矛盾があった場合、英文を正文とします。

 

オフショア投資関連情報  >>
あ行 |
金融機関
>>
スタンダードライフ

 オスカー(FTライフ) などオフショア投資で成功したいなら必見!

 

FTライフなど オフショア投資を行うには

現在、海外ファンドを購入する方法(オフショア投資)は大きく分けて次の4つになります。

1 海外IFAを通して購入する
2 プライベートバンク(スイスPB等)を通して購入する
3 オフショア銀行のインターネットサービスで購入する
4 直接ファンドへ申し込む

FTライフなどオフショア投資には、上記の4つの方法がありますが、3と4の購入方法に関しましては、手続きの全てが英語でのやり取りになりますので、ある一定レベルの英語力が必要になり、さらに海外の金融商品にも精通している必要があります。

そのため、気軽にFTライフなどオフショア投資を始められるという点で、現実的には1もしくは2の選択肢が最適ではないでしょうか。

では、オフショア投資における1と2のそれぞれのチェックポイントをお教えいたします。

1 海外IFAを通して購入する

IFAは世界中にいますが、日本からやり取りを行う上で便利な拠点は香港やシンガポールでしょう。
IFAの中には、国から授与される正式なライセンスを持つ有資格者(SFC等)がおり、金融商品購入の代行や金融商品の詳しいアドバイスをしてくれる、オフショア投資の心強い存在です。

しかし、英語と日本語の両方を流暢にこなし、ファイナンスの世界にも精通しているIFAは一握りしか存在しないのが現状であり、個人がそのようなIFAを自力で探すのは、それなりの知識と労力、行動力が必要になります。

また、IFAにより料金体系やシステムは千差万別です。「手数料」「年会費」「成功報酬」など、課金されるシステムも様々ですので、お客様のニーズに合った最適なIFA選びは、プロに任せるのが成功への近道だと言えるでしょう。

2 プライベートバンク(スイスPB等)を通して購入する

欧米をはじめ、プライベートバンク(スイスPB等)も世界中にたくさん存在します。

但し、本来のプライベートバンクであるスイス・プライベートバンカーズ協会(SPBA加盟銀行)に所属するスイスのプライベートバンクは14行のみです。

オフショアファンドを購入するには、国内にある銀行から直接購入することはできませんが、プライベートバンク(スイスPB等)に口座を作ることで、ファンドの買い付けをする事が可能です。 プライベートバンク(スイスPB等)では、多くのヘッジファンド・オフショアファンド会社と取引関係があり、ヘッジファンド・オフショアファンドの購入をスムーズに行ってくれるところもあります。

IFA同様、こちらも一口にプライベートバンク(スイスPB等)といいましても料金体系や得意分野は千差万別です。

プライベートバンク(スイスPB等)のほとんどは、資産管理料(カストディアンフィ)を主な収入としていますので、ある一定規模の資産を保有されているお客様が対象となります。