1. TOP
  2. オフショア投資の関連情報 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング
  3. ハンサードにて運用成績やログイン管理、引き出しができず解約しかないのか | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング

ハンサードにて運用成績やログイン管理、引き出しができず解約しかないのか | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング | そしてオフショア投資はこちら

ハンサードをダイレクトに活用

ハンサードアスパイヤなど積立投資のオフショア投資を成功させるために、IFAやプライベートバンク(スイスPB等)を厳選し、無料で投資家にご紹介致します。

このIFAは代理店として販売時だけでなく、契約後のサポートも行うことになります。ハンサードを活用してダイレクトにオフショア投資、ヘッジファンド投資を行うにあたりIFAの選定が大きなポイントとなるのです。

ハンサードアスパイアなどは長期契約になることが多いため、サポート力の高いIFAを選定しなくてはなりません。

みなさんにとってハンサード・アスパイア アスパイヤなどを活用したオフショア投資におけるIFAやプライベートバンク(スイスPB等)とはどの様な存在でしょうか?

  • 「海外のIFAやヘッジファンドダイレクトに問合せるのはなんだか不安」
  • 「まだオフショア投資の専門知識に自信がないからダイレクトに問い合わせづらい」
  • アスパイア、アスパイヤを早期解約するべきか、早期解約のデメリットは何か、早期解約手数料は?」
  • ハンサードアスパイヤは本当に信用できるのか」等々・・・

オフショアマッチングではそのような不安や疑問点を解消し、お客様のニーズにぴったりと合ったIFA(香港IFA)やプライベートバンク(スイスPB等)を紹介させて頂いております。

もちろん無料でご紹介いたしますので、まずはお気軽に 資料請求への申込 または 個別相談をご依頼下さい。

ハンサード インターナショナルとは  ( Hansard )

ハンサードインターナショナル・リミテッド (英語サイト)

オフショア保険の金融機関であるハンサード インターナショナルでの積立投資や一括投資口座で運用されていらっしゃる方の中で、IFAの運用成績だけでなくサポートに満足ができていない運用がうまくいっていない方が年々増えています。

ハンサード移管の選択肢は

解約、移管した方が良いのか?

移管はできるのか?

早期解約は本当に有利なのか? 口座は今どうなっているのか?

移管移籍はできるのか?実際はどうなるのか?等など

2019年現在、契約から数年が経過し、運用を放置してしまっている、連絡が取れない、管理ができていない人が増えています。

IFAの移管・変更・移籍 マッチングサービス

IFAの移管・変更・移籍ができる仕組みがあることはご存知でしょうか?

もちろん状況や契約された時期によっては解約をした方がメリットのある方もいます。

しかし契約の時期、今後の方針によっては早期解約は明らかに損をしたり、相当不利になる場合があります。

解約だけを積極的に促す会社もあり解約時の高額な解約サポート手数料だけを目的にしている会社もあります。

早期解約を考えている方は冷静に実際の数字に基づいた判断が必要です。
移管や早期解約の有利・不利は、その方のそれぞれの状況や個々の口座の状態によりまったく異なります。

ハンサード社を含めた世界的に展開をしている金融機関の投資口座やプランであれば、早期解約をせずともその口座を保持したままで投資アドバイザーだけを変更する、いわゆるIFAの移管・変更という事が可能です。

これをIFAの移管・変更といいます。移管により優秀で満足のできる投資アドバイザー、IFAへ変更することが可能です。

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
こちら からご相談、お申込下さい。

 

移管・変更・移籍または解約

 

IFAの移管・変更希望入力フォーム

IFAの移管・変更希望入力フォームはこちらから
→ http://bit.ly/zUWFSI

 

IFAの移管・変更とは、
オフショア生保など金融機関が提供している投資プラットフォームであるラップアカウント、投資ラップ口座の運用指示(一任運用など)・アドバイスを行うIFA(独立ファイナンシャルアドバイザー)を移管・変更・移籍することを言います。

つまり、IFAの移管とは現在投資をしている金融機関の投資口座はそのままで、運用、管理だけを移す手続きのことをIFAの移管・変更といいます。

IFAの移管・変更・移籍について、詳しくは こちら

 

移管に関するご相談のオフショアマッチング

 

詐欺や嘘、騙されたなどの書き込みについて

ハンサードやハンサード積立について、グーグルやヤフーで検索すると詐欺や嘘騙されたなどの掲示板への書き込みや匿名ブログなどでの情報が多く見受けられます。

これらは、マイナスのキーワードで人の不安を煽ることで結局は自分のメルマガやLINE@に登録を促しして結局は自分達の情報商材やアフィリエイトへの誘導するという手法が横行しているようでのでご注意下さい。

また、最近では積極的に解約を促し、解約に対して手数料を徴収した上でその解約金を元に新たな投資商品や投資情報商材への勧誘するといった形が増えてきている様です。

いわゆるオフショア投資難民といったオフショア投資でお困りの方々にさらに2次被害を受けたとの相談も増加傾向にあります。

その他の事例としては、人の不安や疑問、また注意喚起によって自身のサイトやブログへたくさんの流入をさせて最終的には広告へのクリックなどの収入で成り立っているサイトも増えています。

それらのブログやホームページは少しインターネットに詳しい方が見れば分かる通り、広告収入(グーグル広告などのスポンサー)で成り立っているサイトになりますので、情報の正確さや情報発信者の立場を考える必要があります。

特に匿名の掲示板での書き込みやニックネームブログ匿名ブログには注意が必要です。

詐欺や嘘、騙された人を装い他の商品に促すことがあらたまビジネスになってしまっているようです。

例え情報の発信者の身元が出ていても別の商材への買い替え、乗せ買え目的のページもたくさんありますので、そのサイト自体の目的をしっかりと考える必要がネット社会では求められるようです。

 

IFAの移管・変更希望入力フォーム

IFAの移管・変更希望入力フォームはこちらから
→ http://bit.ly/zUWFSI

 

ハンサードの運用や成績は契約しているIFAにより様々

金融機関であるハンサードでは、ハンサード自身は投資家に代わって直接投資の決定(運用指示)、投資先の配分決めて運用することはありません。

ハンサード自身は資金を預かり保全をしている信託銀行の様な存在です。

実際の運用指示や投資先の配分を決定するのは、投資家本人または、IFAに運用を依頼している場合はIFAが担うという形になります。

そのため、同じハンサードに口座を開いて投資をしていたとしても、投資家や契約をしているIFAによって運用成績は様々になってくるという結果になるのです。

 

ハンサードの口座には資金は存在していてもログインができない方も多々あるようです。

ハンサードのオンラインログインに関して、長年積立自体をやめてしまっていて放置している人であればまだしも、現在も積立自体の継続やクレジットカードでの引き落とし、銀行での自動振り込みは継続しているのにも関わらず、ハンサードのオンラインログインの設定もされておらず、自身のIFAはどこかも把握していない方もおられます。

ふと気になって、久しぶりに代理店に連絡をしてみると、数年前に廃業してしまっていたり、連絡が不通になっていることも多いようです。

2000年代の初めの頃に海外投資やオフショア投資のブームに乗って、代理店活動をしていたところもその後のリーマンショックよる運用パフォーマンスの悪化や日本国内の規制等で大量の代理店が廃業に追い込まれたのも事実です。

 

ハンサード・インターナショナル・リミテッド(Hansard)

 

ハンサードインターナショナルは、世界有数のオフショア金融センターであるマン島に設立された、定評のある保険会社である。

1970年にポロンスキー博士によって英国で設立される。

1986年にハンサード・インターナショナルとしてマン島に設立。
その後、7社で構成されたハンサードグループのうちのホールディングカンパニーである

ハンザード・グローバルPlcは、2006年にロンドン証券取引所に株式上場を果たす。

2007年より株式指数
FTSE250(Financial Times&London Stock Exchange Groupe)に採用される。

また、ハンサードが提供している投資口座は、イギリス・マン島で組成されている。

マン島とはグレートブリテン島とアイルランドに囲まれた、アイリッシュ海の真ん中に位置する淡路島ほどの大きさの島である。

数あるオフショア金融センターの中でも、名高い投資家保護、金融サービス、オンブズマン・スキーム、そして国際基準を満たすことに徹する、最も優れた法制度と環境を備えた国際金融センターの一つとして認識されている。

マン島政府の格付けはAAAで、万一マン島に設立された保険会社が倒産しても、その顧客に対してマン島政府が資産の最大90%まで保証している。

また、税制面においても、法人面・所得税・キャピタルゲインにおいてマン島から課税されることはない等、優遇されている。

イギリスをはじめ世界中の個人や企業に対して、保険や年金プランをダイレクトに提供している。

その巨大な預かり資産により、通常大口での投資しか受け付けない世界のトップクラスのファンドへの小口での投資(一括・積立)口座を提供している。

ハンサード・インターナショナル・リミテッド(Hansard) 特徴

ハンサードの特徴は、ハンサード社が独自に厳選した100種類超のファンドリストより10種類程度のファンドを選択しダイレクトに投資をして行くことができる投資口座を提供している。

そのため、例えば小額の積立投資であっても高い利回りで運用される世界トップクラスヘッジファンド・オフショアファンドに直接ダイレクトにリスクヘッジを考慮したポートフォリオを構築することが可能になる。

マン島は、6年連続「世界最高の金融サービスを提供する場所」
とされ(International Finane Magazine)、
発行国債に対する格付けはAAA(トリプル・エー)である。
また、マン島は独自の議会・独自の法律を有する独立国家でもある。

 

マン島にはAIAアクサをはじめ、フレンズプロビデント(FPI)RL360(ロイヤルロンドン)など世界屈指の19の保険会社が登記している。オフショア生保として、日本ではフレンズプロビデント、RL360°(ロイヤルロンドン)、ハンサードが有名である。同じくオフショア生保として有名なインベスタートラスト社(ITA)は、フレンズプロビデント、RL360°(ロイヤルロンドン)、ハンサードと違いヘッジファンドなどが多く籍を置くケイマン諸島に登記している。

1991年にこの法律が施行されてから19社のうち一社も倒産したことがなく、マン島自身も、財務体質やコンプライアンスを厳しく審査し、およそ倒産しそうにない会社にしかマン島での登記は認めていない。
ハンサードは、その19社のうちのひとつである。

これらの金融商品は、ハンサードに直接問い合わせをしても購入することはできない

ハンサードより許可を受けた代理店またはエージェント、もしくはIFA(インディペンデント・ファイナンシャル・アドバイザー)を通すことで購入することができる。

さらにハンサードやフレンズプロビデント、RL360°、インベスタートラスト(ITA)では、これらの投資口座の中で選択したファンド(日本でいうところの投資信託)で構成・配分するポートフォリオによって運用の利回りに大きく差がでるため、ハンサードやフレンズプロビデント、RL360°、インベスタートラスト(ITA)などのオフショア生保が提供するファンドの選択以前に代理店やIFA自体のの選択が非常に重要となる。

 

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
こちら からご相談、お申込下さい。

 

ヘッジファンドダイレクトに投資 ハンサードアスパイヤ

このWebサイトは、国内だけでなく海外にも目を向け、投資をされる個人投資家の方へ情報提供を目的としたもので、特定の金融機関・金融商品の取引や勧誘を推奨する目的のものではございません。 また、日本語訳の記述に不正確な箇所・矛盾があった場合、英文を正文とします。

 

オフショア投資関連情報  >>
は行 |
金融機関
>>
ハンサード インターナショナル

ヘッジファンドダイレクト ハンサードアスパイヤ

 

ハンサードの活用術

ハンサードなどを活用したオフショア投資を行うにあたっては、IFA(金融機関と雇用関係を持たずに独立・中立の立場で顧客にアドバイスをおこなうファイナンシャルアドバイザー)の選択がとても大切となる。

日本国内の国家資格者であるファイナンシャルプランニング技能士や税理士が、海外の正式なライセンス(SFC等)保持者でかつ信頼できるIFAや投資顧問業者を厳選することが、ハンサードなどのオフショア投資を成功させる基本でありとても大切なことである。

また、IFAにより料金体系やシステムは千差万別であり、「手数料」「年会費」「成功報酬」など、課金されるシステムも様々である。

そのため、ハンサードのオフショア投資を行うにあたって個々のニーズに合った最適なIFA選びは、プロに任せるのが成功への近道だと言える。