1. TOP
  2. オフショア投資の関連情報 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング
  3. オフショア投資 マン島 について 2021年【7月最新】| IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング

オフショア投資 マン島 について 2021年【7月最新】| IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング | そしてオフショア投資はこちら

マン島

マン島 : 人口 82869人

(国際連合経済社会局人口部の世界の人口推計2015年版 のデータによるもの。)

ロイヤルロンドンのページなども参考となりますのでご参照ください。

オフショア投資 マン島

マン島のメリット

オフショア投資で大手金融機関が、イギリスの王室属領であるマン島が拠点に選ばれている理由

 

2021年7月5日更新

 オフショア投資セミナー動画

香港ifa オフショア投資のお問い合わせ

イギリスの王室属領であるマン島は、イギリス本島の近くに位置している島国です。
この人口8万人に満たない小さな島国は、イギリスの王室属領の属国になります。

このマン島は、ヨーロッパでも有数のオフショア、タックスヘイブンとしての歴史が長く、多くの一流金融機関が集まっています。

特に注目すべきは、この小さな島国の小国である、マン島に世界でも名だたる有名一流の保険会社が支店や本店を置いている事実です。

もちろんそこには理由があります。

その理由は世界中で、イギリスの王室属領であるこの「マン島」だけが、契約者保護の絶対的な制度を長く確立し続けているからに他なりません。

その契約者保護の絶対的な制度とは、

「万が一、保険会社が倒産することがあれば、マン島政府が投資されている時価総額の90%を保証する」

というものです。

マン島自体は、格付機関ムーディズからAAA(November 2010 )
スタンダード・アンド・プアーズからはAA+の格付けを得ている(November 2011 )

 

このため、世界中の金融機関や保険会社がこのマン島に会社設立希望していますが、マン島側も倒産の可能性がある可能性の保障はできないため、そもそも設立する保険会社の財務体質がしっかりとしていないと設立審査が通る事はありません。

 

オフショアマッチングでは、オフショア マン島の活用をはじめ、ニーズに合った最適なIFAを無料でご紹介いたします。

 

オフショア投資に関してお客様のニーズに合った最適なIFAを無料でご紹介

 

オフショア投資 マン島

 

マン島在住の皆様へ

 

マン島をはじめ世界各国からのお問い合わせにもご対応させて頂いております。
マン島での駐在員の方やご家族の方、マン島在住の方々もお気軽にお問合せ下さいませ。

 

日本語で安心のサポートを行います。

 

海外在住の方にとって、居住国(ローカル)の金融機関だけでの資産管理は
移住や日本への帰国など移動の度に、手続きが煩雑になる事が多くあります。

 

また、特に現地の政情が安定してない場合などは非常に高いリスクを伴います。
そのため、高度な法律体制がしっかりと整備され、地政学リスクの低い地域での
オフショア管理口座は必須になってまいりました。

 

お問い合わせ
マン島の皆様もお気軽にお問合せ下さい。
世界対応 オフショアマッチング
運営 株式会社ウィズダムライフ

 

オフショアマッチングでは、マン島の皆様のオフショア投資のお問合せ・サポートも
数多くさせて頂いております。

 

オフショアマッチングとは

オフショア投資を成功させるために、海外の正式なライセンス(SFC等)保持者でかつ信頼できるIFA(Independent Financial Adviser)を厳選し、マン島の皆様へご紹介・マッチングを行っています。

 

オフショア銀行であるHSBC香港の銀行口座開設サポート、オフショアファンド、
海外ファンドの正規代理店であるIFAのご紹介、タックスヘイブン(租税回避地)の
香港やシンガポールの情報提供をマン島の皆様へ行っております。

 

インターネットの発達により、マン島から海外投資(オフショア投資)へのアクセスも近年非常に取組みやすくなりました。

 

オフショアファンドとは、オフショア地域で設定・登録されているファンドの事を
「オフショアファンド」と呼びます。
オフショアファンドは大きく二つに分けると、常に売買が可能で、空売りをしない
「ミューチュアルファンド(MutualFund)」と、オルタナティブ投資
(代替投資=株式や債券といった伝統的な投資手段に代わるのをという意味)の代表的
なものである「ヘッジファンド(HedgeFund)」に分けることができます。

 

マン島の方向けのWEBセミナー開催を近々予定しています。

 

マン島からもお気軽にお問合せ下さい。
お客様のニーズに合った最適なIFAを無料でご紹介いたします。

 

オフショア投資に関してお客様のニーズに合った最適なIFAを無料でご紹介

 

海外居住者と仮想通貨、オフショア口座

海外居住者と仮想通貨

2017年以降、仮想通貨の盛り上がりにより、海外居住者の間でもビットコインをはじめとした仮想通貨も注目されている。

仮想通貨・暗号通貨は、デジタル通貨の一種で、
ブロックチェーン(英語: Blockchain)ブロックチェーン技術を使った、
分散型台帳技術、または、分散型ネットワークを使った通貨である。

代表的な仮想通貨にはビットコインやイーサリアムリップルビットコインキャッシュなどをはじめ
既に3,000種類以上存在しており、一般的には中央銀行などの国家主体が発行せず、規制が及ばない通貨としての性質がある。

銀行など第三者が介在せずとも、ユーザー同士が直接資金のやり取りができるため、
送金手数料が不要になり、送金コストを抑える事ができる場合があり、海外送金国を超えた資金のやり取りにも有効である。

そのため、投資や投機目的の取引だけでなく、海外居住の資金、
海外居住者同士または、海外居住者と日本居住者との資金のやり取りや国際送金海外送金の手段としても大変注目されている。

特に新興国をはじめ政治や経済が安定しにくい地域の海外居住者にとっては、
非常に有効な海外送金手段になりえるが、ビットコインをはじめとした仮想通貨自体の値動きが激しく、
価格が常に乱高下しているため、コスト削減の目的で仮想通貨を使っても、着金時のレートで損をしてしまう可能性も大いになる。

 

海外居住者とオフショア口座

仮想通貨は一時的な資金移動には使えても
中長期的な資金管理や資産構築としてはまだまだ発展途上であるため
海外居住者にとってはまだまだ英国をはじめとした信用が高いオフショア口座が王道になっている。

オフショア投資口座やオフショアの金融機関では、
資金の入金、投資にあたりVISAカードマスターカード、JCBなどのクレジットカードデビットカードが対応しているため、例え自身の住んでいる地域の金融機関の格付が低かったり規模の小さく不安な銀行や証券会社で
あったとしても、現地の銀行(お住まいの地域の)銀行にてクレジットカードやデビットカードの発行ができれば、
現地の銀行口座からクレジットカードやデビットカードを経由して、直接オフショアの信用の高く、歴史のある格付が良い一流の金融機関に資金を移す事が可能になる。

日本ではマイナンバー制度が整備されて以降、日本に住所を持たない(住民票がない)海外居住者は、
銀行口座証券会社の投資口座を保有、運用する事は極めて困難な状況にある。

世界的に仮想通貨に対して各国が規制を及ぼす動きも進んでいるため常に注視が必要である。

海外居住者のための資金管理、海外送金

 

オフショア投資 関連情報  >>
あ行 |
>>
マン島

 

このWebサイトは、国内だけでなく海外にも目を向け、投資をされる個人投資家の方へ情報提供を目的としたもので、特定の金融機関・金融商品の取引や勧誘を推奨する目的のものではございません。 また、日本語訳の記述に不正確な箇所・矛盾があった場合、英文を正文とします。

 

 オフショア投資で成功したいなら必見!

 

【無料】IFAご紹介、資料請求受付中
こんにちは、
ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を保有し、

オフショアマッチングを運営しております森口貴栄です。

現在、FP事務所を経営し、6歳になる娘の父でもあります。

専門は海外を活用した資産分散と海外投資の業界で10年を超えてきました。

主に、香港、シンガポール、スイスといった世界の一流金融センターを活用して本物の海外投資・オフショア投資をサポートしています。

私自身は、このビジネスを通して貢献していきたい事は、

15年以上の海外投資経験と人脈を活かして、グローバル経済に適応した世界レベルの資産分散と資産形成のサポートです。

 

かつて世界第二位の経済大国であった日本ですが、数年前に中国に追い抜かれ、その中国は今やドル換算で日本の2倍の経済規模に成りました。

現在日本の世界におけるGDP(経済規模) はたったの6%台に過ぎません。

しかしながら、そのたった6%の経済規模の中に多くの日本人は、

毎月の収入も日本円、蓄える資産も日本円と非常に片寄った資産形成をしているのが大多数です。

つまり、リスクが一点に集中した状態に陥っている現状があります。

私はこれは将来への資産設計を考える上で、とても大きなリスクだと考えています。

たとえ、毎月の収入が日本円のみであったとしても、貯めていく資産の半分または、ほんの一部だけでも日本円以外で構成していく事は、もはや簡単な時代です。

これは気が付いて、実行ができるかできないかだけの差であると思います。

私は一人でも多くの方と正しい情報を一緒に共有し、世界の経済成長が、ご縁を頂きました皆様の資産成長につながり、世界を一緒に楽しむ事ができる人生にしていきたいと考えています。

 

株式会社ウィズダムライフ
代表取締役 森口貴栄
IFA・資料請求はこちら