1. TOP
  2. 香港HSBCネットバンキングでEstablishing Tax Residency(CRS)の登録方法
オフショア投資はこちらからどうぞ

香港HSBCネットバンキングでEstablishing Tax Residency(CRS)の登録方法

香港HSBCネットバンキングでEstablishing Tax Residency(CRS)の登録方法

HSBC香港からEstablishing Tax Residency(CRS)の登録メールが届いたら

HSBC香港から下記のメールが届いたらマイナンバーの登録が必要です。

 

 

現在、HSBCを含めた世界中の金融機関では、
OECDが定めるCRS(Common Reporting Standard,国際税務情報交換基準)に基づいて、

香港からすると海外在住になる日本のお客様に対しても納税地情報取得が行われています。

CRSとは、OECD加盟国において
非居住者の銀行や証券、保険の口座・契約情報を互いに交換し合うという制度です。
つまり、日本の居住者であればマイナンバーの登録を、HSBC香港など銀行やお使いの金融機関にする必要があります。

 

登録の流れを詳しく解説

それでは登録の流れをご案内いたします。

登録方法の選択肢としては、次の二つネットバンキングか専用フォームをダウンロードして郵送になります。

ここでは、インターネットバンキングでの流れを開設していきます。

ネットバンキングでは、ログイン後の”My Banking”の項目にある“My Tax Residency Details”のリンクから設定を行います。

まずはHSBC香港へログイン

 

personal internet banking から、いつも通りログオンします。

ログインができれば、登録画面へ進みます。
登録画面は、”My Banking”の項目の中にある“My Tax Residency Details”と書かれたリンクです。

 

 

“My Tax Residency Details”をクリックすると、下の画面になります。

ここから設定を行います。

 

 

ステップは、3つだけです。

1.マイナンバーの入力 → 2.確認 → 3.確定

入力の画面では、居住国の確認や住所地(郵送先の設定)が正しいか確認していきながら
居住地(国)の選択とマイナンバーの入力をします。

 

 

ここに居住国の選択を行います。 J と入れればJapan も選択肢としてでてきますので、Japanを選択します。

その下に、納税番号を入力します。

 

 

番号を入力したら(スペースやハイフンはいれずに数字だけ)一番下まで下がります。

ここのすぐ下のチェックボックスは空欄のままです。

一番下まで一気に下がって下さい。

 

 

□のなかに、チェックを入れて、Continue をクリックして下さい。

 

確認画面が出てきます。

 

 

番号に間違いが無いかを確認してから、赤いボタンの Confirm をクリックして確定します。

 

こちらの画面がでれば成功です。

Your details have been successfully updated と書かれていればOK!

 

 

念のため、Print のボタンを押して印刷または、PDFファイルで保存しておけば安心です。

 

 

お疲れしまでした。 全て完了です。

 

登録の期限は2018年10月15日

登録の期限は、今年2018年の10月15日ですので、忘れないうちに登録を済ませておいて下さい。

期限までに登録しておかないと、ネットバンキングの操作ができなかったり、送金や定期予期など制限がかかるだけで無く、最悪の場合は香港まで渡航が必要になる可能性もゼロではありませんので、くれぐれもご注意下さい。

宜しくお願いいたします。

IFAの移管・変更・移籍 マッチングサービス

 クオンタム,パラゴン

パラゴン,クオンタム,RL360

 

IFAの移管・変更希望入力フォーム
→ http://bit.ly/zUWFSI

 

IFAの移管・変更とは、

オフショア生保など金融機関が提供している投資プラットフォームであるラップアカウント、
投資ラップ口座の運用指示(一任運用など)・アドバイスを行うIFA(独立ファイナンシャルアドバイザー)を移管・変更・移籍することを言います。

IFA(代理店)の変更・移管を考えられている方

・そもそも何処がIFAで担当者も分からない
・不要な年会費、諸会費など毎年のコストが大きい
・直接IFAと契約ができていない
(間に様々な代理店が介在している)
・IFAの事務的な手続きが非常にいい加減で信用できない
・IFAとして運用能力を有していないように見受けられる
・IFAの運用哲学をしっかりと持っているとは感じられない などなど

 

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
こちら からお申込下さい。

 

IFAの移管・変更希望入力フォーム
→ http://bit.ly/zUWFSI

 

通常、アドバイザーを付けてのオフショア投資を行う場合、資金の管理・保全・商品の提供ををオフショア生保など金融機関で行い、投資先の選定・運用・アドバイスをIFAが行うのが一般的です。

また、その他IFAの役割として、運用中のお客様の事務的な手続の代行を行います。

そのため、あくまでオフショア生保など金融機関は、資産の管理・保全のみを行っており、運用益、利回りには影響を及ぼしません。(手数料を除いて)

これは、積立投資口座と一括投資口座についても同じ事がいえます。

例えば積立型の口座であれば、
オフショア生保など金融機関が提供する口座に定期的に投資資金を入れていき、そこからオフショア生保などが世界中から厳選した世界トップクラスの 約24社のファンド運用会社(投資会社)のファンド約200種類以上のファンドの内から最大10本までを代理店・IFAであるアドバイザーが、経済状況や運用状況に応じて、任意に選択し運用していく仕組みです。

そのため、オフショア生保など金融機関事態に利回りはなく
どのタイミングで、ファンドを選択して運用していくかによって運用成績や利回り(リターン)は、IFAの運用状況や開始タイミングにより影響するため、投資家それぞれにより運用状況は変わることになります。

もちろん、投資家自身でファンドを選択することもできますが、一般的にはIFAと呼ばれるアドバイザーにファンドの選択を一任で任せたり、アドバイスを受けます。

ですので、アドバイザー次第で運用成績や利回り(リターン)が左右されることになります。

また、もし運用成績や利回り以外にも、運用開始後のサポートや対応に不満を持っていれば、IFAの移管や変更を検討した方が良い場合もあります。

現在、香港だけでも200社以上のIFAがビジネスを行っていますが、過去のリーマンショックの前には、大小を含め、400社を超えるIFAがありましたが、リーマンショック後、経営基盤が脆弱なIFAや、しっかりとした運用を行う
事ができないIFAは、廃業したり、吸収されたりと淘汰が進みました。

また、日本においては、
IFAとの間に複数の組織や会社が何層にも渡って関わっていたり、いい加減な仲介者が介在していたり、ネットワークビジネスの商材になっている例も少なくありません。

そのため、毎月の様に、非常に多くの方から、IFAの移管や変更に関する問合せが増えている現状があります。

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
こちら からお申込下さい。

 

IFAの移管・変更希望入力フォーム
→ http://bit.ly/zUWFSI

 

現在のIFAに満足ができていない方はこちらから

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
こちら からお申込下さい。

 

IFAの移管・変更希望入力フォーム
→ http://bit.ly/zUWFSI

 

IFAの移管・変更とは、
オフショア生保など金融機関が提供している投資プラットフォームであるラップアカウント、
投資ラップ口座の運用指示(一任運用など)・アドバイスを行うIFA(独立ファイナンシャルアドバイザー)を
移管・変更・移籍することを言います。

 

IFA(代理店)の変更・移管を考えられている方

・そもそも何処がIFAで担当者も分からない
・不要な年会費、諸会費など毎年のコストが大きい
・直接IFAと契約ができていない(間に様々な代理店が介在している)
・IFAの事務的な手続きが非常にいい加減で信用できない
・IFAとして運用能力を有していないように見受けられる
・IFAの運用哲学をしっかりと持っているとは感じられない などなど

 

IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
こちら からお申込下さい。

 

オフショアマッチング
株式会社ウィズダムライフ 森口