1. TOP
  2. オフショア投資の関連情報 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング
  3. フレンズプロビデントの移管など | 優秀なIFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング

フレンズプロビデントの移管など | 優秀なIFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング | そしてオフショア投資はこちら

フレンズプロビデント プレミア

オフショアマッチングでは、フレンズプロビデントプレミアサミットリザーブなどのオフショア投資を成功させるために、日本国内の国家資格者であるファイナンシャルプランニング技能士や税理士が、海外の正式なライセンス(SFC等)保持者でかつ信頼できるIFAやプライベートバンク(スイスPB等)を厳選し、無料で投資家にご紹介致します。

このIFAは代理店として販売時だけでなく、契約後のサポートも行うことになります。フレンズプロビデント(FPI)プレミアサミットリザーブを活用してオフショア投資を行うにあたりIFAの選定が大きなポイントとなるのです。

フレンズプロビデントプレミアなどは長期契約になることが多いため、サポート力の高いIFAを選定しなくてはなりません。

オフショアマッチングではそのような不安や疑問点を解消し、お客様のニーズにぴったりと合ったIFA(香港IFA)やプライベートバンク(スイスPB等)を紹介させて頂いております。

もちろん無料でご紹介いたしますので、まずはお気軽に 資料請求への申込 または個別相談をご依頼下さい。

 

フレンズプロビデント  ( ふれんずぷろびでんと )

フレンズプロビデント (フレンズ・プロビデント)

IFAのサポートに満足ができていない、運用がうまくいっていない方が増えています。

解約、移管した方が良いのか?
移管はできるのか?
早期解約は? 口座は今どうなっているのか?
移管移籍はできるのか?早期解約手数料等どうなるのか?

契約から数年が経過し、運用を放置してしまっている、連絡が取れない管理ができていない人が増えています。

そのため、フレンズ日本連絡先や取次ぎ先、紹介者と連絡がとれなく困っている人にとって、IFAの移管は新たなサポート会社へ担当を移す手段として活用されています。

 

IFAの移管・変更・移籍 マッチングサービス

IFAの移管・変更・移籍ができる仕組みがあることはご存知でしょうか?

移管・変更・移籍または解約のご相談

フレンズ社を含めた世界的に展開をしている金融機関の投資口座やプランであれば、解約をせずともその口座を保持したままで投資アドバイザーだけを変更する、いわゆるIFAの移管・変更という事が可能です。
これをIFAの移管・変更といいます。移管により優秀で満足のできる投資アドバイザー、IFAへ変更することが可能です。

あまりにも資産が目減りし過ぎていたり運用額が小額過ぎると、移管時に新たな受入先を見つけることが非常に困難になる場合が少なくありません。
手遅れになる前にご相談されることをおすすめいたします。

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
こちら からお申込下さい。

IFAの移管・変更希望入力フォーム
→ http://bit.ly/zUWFSI

 

IFAの移管・変更とは、
オフショア生保など金融機関が提供している投資プラットフォームであるラップアカウント、
投資ラップ口座の運用指示(一任運用など)・アドバイスを行うIFA(独立ファイナンシャルアドバイザー)を移管・変更・移籍することを言います。

IFAの移管・変更・移籍について、詳しくは こちら

フレンズプロビデントの移管はオフショアマッチング

 

フレンズプロビデントの譲渡案件について

近年フレンズプロビデント(FPI)のプランや口座自体を譲渡するという「譲渡案件」というものが
インターネット上で出回っているものが見受けられます。
しかし譲渡案件の実態の多くは、譲渡価格が実態に見合った「価値」と「価格」で取引されない、いわゆる事故物件となっていることが多く注意が必要です。

譲渡案件のメリット
市場価格より有利な価格で買取ができる場合がある(まずそこまで有利なものを人に譲渡すること自体あり得ず、よほどの身内からの譲渡でなければ有利になることはあり得ない)

譲渡案件のデメリット
運用が非常に悪化している場合が多く、引継ぎをしてくれるIFAがなかなかいない
また、引受けをしてくれたとしても優秀なIFAでない可能性が高い

譲渡案件は危険な場合もある

 

フレンズプロビデント・グループとは

創業は1832年。イギリスの老舗保険会社。
日本で言えば、大塩平八郎の乱からさかのぼって5年、天保3年にフレンズプロビデントは誕生している。
今なお、世界のリーディング・カンパニーであり続けている、実績のある保険会社。

2017年7月19日
フレンズプロビデントの親会社であるアヴィバ・グループ(Aviva Group)は、RL360°、RL360°サービスおよびArdanブランドのオーナーであり、RL360グループ(旧ロイヤルロンドン)として知られていたインターナショナルファイナンシャルグループリミテッド (IFL)との間で、フレンズプロビデント・インターナショナルリミテッド(Friends Provident International Limited)の買収について合意に至った。
(規制当局の承認を受け、2018年初頭に完了する予定)

 

フレンズプロビデントの運用について

フレンズプロビデント(FPI)はあくまで金融機関であり、フレンズプロビデント自体に利回りは存在しない。
その理由は、フレンズプロビデントの仕組みを理解することで分かる。

フレンズプロビデントは積立口座と一括口座を提供している。

例えば積立型のプレミア口座であれば、
フレンズプロビデントが提供するプレミア口座に定期的に投資資金を入れる。
それをフレンズプロビデントが厳選した世界トップクラスの約24社以上のファンド運用会社(投資会社)、
ファンド約180種類以上のファンドの中から、最大10本までを任意に選択しフレンズ社が用意したミラーファンドにてダイレクトに運用していく仕組みである。

通常では大口の投資資金でしか受け付けていないオフショアファンドやヘッジファンドであったとしも、積立による小口でのダイレクトな投資が可能である。そのため世界トップクラスのファンドに小額からダイレクトに投資できることがメリットとなる。

よって、フレンズプロビデント自体に利回りはなく、どのファンドを選択し資金を配分して運用していくかによって運用成績や利回り(リターン)がダイレクトに変わることになる。
自身でファンドを選択することはできるが、一般的にはIFAと呼ばれるアドバイザーにファンドの選択のアドバイスを受ける。
そのため、アドバイザー次第で運用成績や利回り(リターン)が大きくが左右されることになり、IFA選びがカギとなる。

フレンズプロビデントの利回りはIFAで異なる

 

FTSE100の採用銘柄

FTSE100とは、日本の日経225にあたる、ロンドン証券市場の指数のこと。
FTSE100には、HSBC銀行ロールス・ロイスシェル石油ユニリーバなど名だたる会社の株式銘柄が採用されている。
フレンズプロビデント社(FPI)の株式は、そのFTSE100採用銘柄のひとつ

高い格付け
フレンズプロビデント・グループは全世界に顧客数300万人
金額にして1,040億ポンド(日本円にしておよそ22兆円以上)の預かり資産を有する、巨大金融グループ。
投資家の信頼指数である信用格付けにおいて、スタンダード&プアーズではA+、ムーディーズでA2と、高い格付けを誇る信頼できる会社と言える。

 

フレンズプロビデントの特徴

エジンバラ・ロンドンを拠点とし、ロンドン証券市場に上場しているF&Cアセットマネジメントの主要株主。
また、Eurekoホールディングズの株主であり、主要保険会社で組織する環太平洋EureKo連盟のメンバーである。
現在、フレンズプロビデント・インターナショナルはジャージー島とマン島でオペレーションを行い、香港とドバイに営業を拠点を持ちながら、世界中のマーケットでサービスを提供している。

ファンド管理においても受賞暦があり、オフショア金融サービス機関のリーディング・カンパニーである。
フレンズプロビデントの口座を使うことで、個人投資家であったとしても機関投資家並の手数料率やボーナスなど魅力ある手数料体系を享受することができる。

 

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
こちら からご相談、お申込下さい。

 

ヘッジファンドダイレクト

このWebサイトは、国内だけでなく海外にも目を向け、投資をされる個人投資家の方へ情報提供を目的としたもので、特定の金融機関・金融商品の取引や勧誘を推奨する目的のものではございません。 また、日本語訳の記述に不正確な箇所・矛盾があった場合、英文を正文とします。

 

オフショア投資関連情報  >>
は行 |
金融機関
>>
フレンズプロビデント・グループ

フレンズプロビデント プレミア