1. TOP
  2. オフショア投資の関連情報 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング
  3. 香港 オフショア地域とは | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング

香港 オフショア地域とは | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング | そしてオフショア投資はこちら

オフショア地域  (OFUSHOACHIIKI)  ( おふしょあちいき )

 オフショア投資セミナー動画

香港ifa オフショア投資のお問い合わせ

オフショア地域

 香港(Hong Kong)
 
 香港(Hong Kong)は、中華人民共和国の特別行政区域の一つであり、東京・
 パリ・シンガポールと並ぶ有数の世界都市である。

■香港の概要
 
 1842年の南京条約などによりイギリスの植民地となったが、
 1997年7月1日午前0時(CST)に、イギリスから中華人民共和国へ返還され、
 特別行政区となった。

  香港は、古くから東南アジアにおける交通の要所であり、自由港で
 あることからイギリスの植民地時代から金融の流通の要所でもある。
 文化としては、中華文化のみならず、英国の影響を大きく受けた
 近代的な文化が発展している。
 ショッピング、食通の街として栄えていることもあり、観光業が盛ん。
 中心部には超高層ビルが立ち並ぶ。

 2008年、グローバリゼーションと世界都市の研究グループおよびネットワーク
 (GaWC)により、香港は第1級に選ばれている。また、アメリカの外交専門誌
 フォーリンポリシーによる世界都市インデックスでは、ニューヨーク・ロンドン・
 パリ・東京に次ぐ世界第5位の評価を受けている。
 
 公用語は、中国語(広東語)・英語。
 面積として、1,104K㎡。人口約700万人。

■香港の経済・金融

 成立背景から、規正が少なく低税率な自由経済を特徴としている。
 アジアのオフショア地域としても有名。
 貨幣は香港ドル。イギリス系の香港上海銀行(HSBC)と、スタンダード・
 チャータード銀行、中国銀行の商業銀行によって発行されている。
 金利については、2001年に金利が自由化されたものの、2005年5月に
 アメリカドルのペッグ制から目標相場圏制度に移行されたことにより、
 金利は基本的にアメリカ合衆国の金利動向に追従する。
香港のGDPの80%をサービス産業が占める。観光業はGDPの約5%を占める。
 
 主要な証券取引所として、香港証券取引所があり、アジアを代表する取引所と
 なっている。
 市場の動きを表す指数として、代表36銘柄を対象として時価総額加重平均で
 算出した、「ハンセン指数(Hang Seng Index」がある。

■香港の税制

  香港は、日本から一番近いオフショア地域と呼ばれている通り、2006年度には
 相続税も無くなり、資産運用で得たキャピタル・ゲインにも税金がかからない
 税制を用いている。
  もちろん、預金の利息に対しても税金はかからない。(日本では20%の源泉徴収)
  海外で得たお金に対しても非課税。消費税も無い。
 また、個人の所得税も15%程度と、アジアの金融中心地として、税制上の優遇措置
 がとられている。
  まさに日本からはオフショア口座を開設するのに、とても身近な地域と言える。 
         

お客様のニーズに合った最適なIFAを無料でご紹介いたします。

このWebサイトは、国内だけでなく海外にも目を向け、投資をされる個人投資家の方へ情報提供を目的としたもので、特定の金融機関・金融商品の取引や勧誘を推奨する目的のものではございません。 また、日本語訳の記述に不正確な箇所・矛盾があった場合、英文を正文とします。

オフショア投資関連情報  >>  
は行 | 
オフショア
 >>  
香港 オフショア地域

 オフショア投資で成功したいなら必見!

【無料】IFAご紹介、資料請求受付中
こんにちは、

ファイナンシャルアドバイザーの森口貴栄です。

現在、FP事務所を経営し、4歳になる娘の父でもあります。

専門は、海外を活用した資産分散と海外投資で約10年になってきました。

主に、香港、シンガポール、スイスといった世界の一流金融センターを活用して
本物の海外投資・オフショア投資をしています。

私自身のビジネスを通して貢献していきたい事は、

15年以上の海外投資経験と人脈を活かして、
グローバル経済に適応した世界レベルの資産分散と資産形成のサポートです。

かつて世界第二位の経済大国であった日本も、
数年前に中国に追い抜かれ、その中国は今やドル換算で日本の2倍の経済規模に成りました。

今や、世界における日本のGDP(経済規模) はたったの6%台に過ぎません。

しかしながら、そのたった6%の経済規模の中に多くの日本人は、
毎月の収入も日本円、蓄える資産も日本円と非常に片寄った資産形成をしているのが大多数です。
つまり、リスクが一点に集中した状態に陥っている現状があります。

私はこれは将来への資産設計を考える上で、とても大きなリスクだと考えています。
たとえ、毎月の収入が日本円のみであったとしても、
貯めていく資産の半分または、ほんの一部だけでも日本円以外で構成していく事は、もはや簡単な時代です。
気が付いて、実行ができるかできないかだけの差であると思います。

私は一人でも多くの方と正しい情報を一緒に共有し、
世界の経済成長が、ご縁を頂きました皆様の資産成長につながり、世界を一緒に楽しむ事ができる人生にしていきたいと考えています。

株式会社ウィズダムライフ
代表取締役 森口貴栄
IFA・資料請求はこちら