1. TOP
  2. オフショア投資の関連情報 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング
  3. ハンサード 積立とは 2020年【8月最新】 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング

ハンサード 積立とは 2020年【8月最新】 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング | そしてオフショア投資はこちら

ハンサード積立  ( Hansardつみたて )

2020年8月1日更新

 ハンサードインターナショナル・リミテッド (英語サイト)

IFAのサポートに満足ができていない、運用がうまくいっていない方が増えています。

解約、移管した方が良いのか?
移管はできるのか?
解約は? 口座は今どうなっているのか?
移管移籍はできるのか?どうなるのか?

契約から数年が経過し、運用を放置してしまっている、連絡が取れない、管理ができていない人が増えています。

IFAの移管・変更・移籍 マッチングサービス

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
  こちら からお申込下さい。

 IFAの移管・変更希望入力フォーム
 → https://www.offshore-match.com/inquiry/transfer

IFAの移管・変更とは、
オフショア生保など金融機関が提供している投資プラットフォームであるラップアカウント、
投資ラップ口座の運用指示(一任運用など)・アドバイスを行うIFA(独立ファイナンシャルアドバイザー)を
移管・変更・移籍することを言います。

IFAの移管・変更・移籍について、詳しくは こちら

ハンサード 積立投資

ハンサードインターナショナル・リミテッド(Hansard)とは
 世界有数のオフショア金融センターであるマン島に設立された、定評のある
 生命保険会社である。
 積立商品、一括商品の提供を行うプロバイダーである。
 オフショア年金積立(積立投資口座)を提供する金融機関の一社

 1970年にポロンスキー博士によって英国で設立される。
 1986年にハンサード・インターナショナルとしてマン島に設立。
 その後、7社で構成されたハンサードグループのうち、ホールディングカンパニーである
 ハンザード・グローバルPlcは、2006年にロンドン証券取引所に株式上場を果たす。
 2007年より株式指数FTSE250(Financial Times&London Stock Exchange Groupe)に
 採用される。

 マン島とは、グレートブリテン島とアイルランドに囲まれた、アイリッシュ海の
 真ん中に位置する、淡路島ほどの大きさの島のこと。

 数あるオフショア金融センターの中でも、名高い投資家保護、金融サービス、
 オンブズマン・スキーム、そして国際基準を満たすことに徹する、最も優れた
 法制度と環境を備えた国際金融センターの一つとして認識されている。

 マン島政府の格付けはAAAで、万一マン島に設立された保険会社が倒産しても、
 その顧客に対してマン島政府が資産の最大90%まで保証している。
 また、税制面においても、法人面・所得税・キャピタルゲインにおいて
 マン島から課税されることはない等、優遇されている。

お客様のニーズに合った最適なIFAを無料でご紹介いたします。

このWebサイトは、国内だけでなく海外にも目を向け、投資をされる個人投資家の方へ情報提供を目的としたもので、特定の金融機関・金融商品の取引や勧誘を推奨する目的のものではございません。 また、日本語訳の記述に不正確な箇所・矛盾があった場合、英文を正文とします。

オフショア投資関連情報  >>  
は行 | 
オフショア
 >>  
ハンサード積立

 オフショア投資で成功したいなら必見!

【無料】IFAご紹介、資料請求受付中
こんにちは、

ファイナンシャルアドバイザーの森口貴栄です。

現在、FP事務所を経営し、4歳になる娘の父でもあります。

専門は、海外を活用した資産分散と海外投資で約10年になってきました。

主に、香港、シンガポール、スイスといった世界の一流金融センターを活用して
本物の海外投資・オフショア投資をしています。

私自身のビジネスを通して貢献していきたい事は、

15年以上の海外投資経験と人脈を活かして、
グローバル経済に適応した世界レベルの資産分散と資産形成のサポートです。

かつて世界第二位の経済大国であった日本も、
数年前に中国に追い抜かれ、その中国は今やドル換算で日本の2倍の経済規模に成りました。

今や、世界における日本のGDP(経済規模) はたったの6%台に過ぎません。

しかしながら、そのたった6%の経済規模の中に多くの日本人は、
毎月の収入も日本円、蓄える資産も日本円と非常に片寄った資産形成をしているのが大多数です。
つまり、リスクが一点に集中した状態に陥っている現状があります。

私はこれは将来への資産設計を考える上で、とても大きなリスクだと考えています。
たとえ、毎月の収入が日本円のみであったとしても、
貯めていく資産の半分または、ほんの一部だけでも日本円以外で構成していく事は、もはや簡単な時代です。
気が付いて、実行ができるかできないかだけの差であると思います。

私は一人でも多くの方と正しい情報を一緒に共有し、
世界の経済成長が、ご縁を頂きました皆様の資産成長につながり、世界を一緒に楽しむ事ができる人生にしていきたいと考えています。

株式会社ウィズダムライフ
代表取締役 森口貴栄
IFA・資料請求はこちら