1. TOP
  2. オフショア投資について | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング
  3. ファンド(投資信託)の特徴 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング

ファンド(投資信託)の特徴 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング | そしてオフショア投資はこちら

ファンドのメリット

ファンドのメリット

少額資金から投資できる

株式や公社債への投資には、1銘柄だけでも数十万円とある程度まとまった資金が必要になる場合がほとんどです。

その点、ファンド(投資信託)であれば、多くの投資家から資金を集めて運用しますので、 一人ひとりの投資家は数万円前後から投資することができます

分散投資ができる

投資対象をひとつの銘柄に絞ると、失敗した時に大きな損失を被ることになりかねません。

ファンド(投資信託)であれば、1本でも複数の株式や公社債などに投資を行う分散投資を実現できます。

ですので、リスクの軽減を期待することができます。

一つのカゴ(株)に全てを集中(一点張り)→ギャンブルと同じ、複数のカゴ(ファンド)に資産を分ける→資産運用

専門家が運用してくれる

自分で運用しようと思っても、情報収集や銘柄選びなどは難しくてとても大変です。
うまくいっている人は少数でしょう。

ファンド(投資信託)であれば、投資の専門家が経済情勢や市場動向などを調査・分析して投資先を選び出し、運用してくれます。
情報量や分析力が当然違いますので心強さが違います

個人では投資することが難しい金融商品にも投資できる

未公開のベンチャー企業株や、インド株など、金融の世界には、個人投資家では直接投資することができない金融商品が多く存在します。運用会社によっては、個人では到底かけることができない莫大なお金を投入し、高度な金融理論を盛り込んだコンピュータを開発し運用しているところもあります。

投資信託を活用すれば・・・ こうした金融商品にも少額からチャレンジできます

ファンドのリスク

投資信託のリスクは投資対象などにより異なりますが、主なリスクには次のようなものがあります。

ちなみに、投資の世界でいう「リスク」とは、投資に対する収益も損失も確定していないという意味で、「リスクが大きい」とは、「収益を得られる可能性も、損失を被る可能性もある、どちらの場合も元本に対してその度合いが大きい」ということを意味します。

価格変動リスク

景気や業績などにより、株式や公社債など、市場で取引される商品の価格は日々変化します。

そのため、これらを組み入れている投資信託の価格もまた変化するというリスクです。

価格変動リスクイメージ

為替変動リスク

海外の株式や公社債などへの投資に伴うリスクです。

為替相場が変わると円ベースでの評価額が変わるため、投資対象の市場価格が変わらなくても投資信託の価格が変動するというリスクです。

為替変動による円換算後の評価額イメージ

信用リスク(デフォルトリスク)

投資対象の信用状態の変化により、投資信託の価格が変化するリスクです。

たとえば、組み入れていた企業や国が債務不履行、倒産などの事態に陥った場合、投資信託の価格も下落します。