1. TOP
  2. オフショア投資の関連情報 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング
  3. シンガポール オフショア地域とは | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング

シンガポール オフショア地域とは | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング | そしてオフショア投資はこちら

シンガポール オフショア地域  ( しんがぽーる おふしょあちいき )

 オフショア投資セミナー動画

香港ifa オフショア投資のお問い合わせ

オフショア地域

 シンガポール(Singapore)
 
 シンガポール(Singapore)は日本人にとって、オフショア口座を開設するのに
 とても身近な地域と言えるだろう。

■シンガポールの概要
 
 東南アジアのほぼ中心に位置するシンガポールは、63の島からなり、
 人口密度が世界第2位の国である。もっとも大きな島はシンガポール島
 で、他44の島は面積が1平方kmを下回る。
 赤道直下に位置するため、1年を通じて高温多湿な国。
 高低差の少ない、狭い国土のため、水源には乏しく、水質も良くはない。

政治は、事実上の一党独裁制(ヘゲモニー政党制)。このためシンガポールは
 「開発独裁」型国家と言われ、典型的な「国家資本主義」体制である、とも
 言われている。
 
 公用語は、4種類。中国語・英語・マレー語・タミル語。
 
■シンガポールの経済・金融

 シンガポールの通貨は、シンガポール・ドル。
 ASEANの原加盟国で、2002年に日本と「新時代経済連携協定」に調印し、
 関税の撤廃と両国間における物品・人・サービス・資本・情報の移動 
 において自由度の向上をはかっている。
 
 GDPにおいては、貿易立国であるため、1人あたりのGDPは非常に高く、
 国際通貨基金(IMF)の調査では、1人あたりのGDPは日本を大きく上回り、
 アジアで首位(2007年)、購買力も世界トップである。
 2008年のGDPは51,142ドル(1人あたり)となっており、世界有数の都市国家
 とも言える。
 
 租税においては、法人税・個人所得税の両方は、累進税率方式をとっており、
 住民税・事業税などの地方税は存在しない。すべて国税となる。

■オフショア最適地域のシンガポール

 上記のような都市国家シンガポールは、日本からも近く、香港と並んで
 オフショア口座を開設するには日本から最適なオフショア金融センター
 と言える。
 また、多額の資産家がシンガポールをメインの資産管理国に選んでいる
 ことからも分かるように、情報の秘匿が厳重に管理されている事から、
 安心な国家とも言える。
 さらにシンガポールは、外資を呼び込むためのインフラ整備を政府が徹底的に
 推し進めたことから発展した国で、中でも金融は基幹産業の1つとなっている。
 世界の金融基地となったシンガポールには世界からの期待も大きく、国・
 金融制度ともに信頼できるオフショア地域だと言える。
         

 

お客様のニーズに合った最適なIFAを無料でご紹介いたします。

このWebサイトは、国内だけでなく海外にも目を向け、投資をされる個人投資家の方へ情報提供を目的としたもので、特定の金融機関・金融商品の取引や勧誘を推奨する目的のものではございません。 また、日本語訳の記述に不正確な箇所・矛盾があった場合、英文を正文とします。

オフショア投資関連情報  >>  
さ行 | 
オフショア
 >>  
シンガポール オフショア地域

 オフショア投資で成功したいなら必見!

【無料】IFAご紹介、資料請求受付中
こんにちは、

ファイナンシャルアドバイザーの森口貴栄です。

現在、FP事務所を経営し、4歳になる娘の父でもあります。

専門は、海外を活用した資産分散と海外投資で約10年になってきました。

主に、香港、シンガポール、スイスといった世界の一流金融センターを活用して
本物の海外投資・オフショア投資をしています。

私自身のビジネスを通して貢献していきたい事は、

15年以上の海外投資経験と人脈を活かして、
グローバル経済に適応した世界レベルの資産分散と資産形成のサポートです。

かつて世界第二位の経済大国であった日本も、
数年前に中国に追い抜かれ、その中国は今やドル換算で日本の2倍の経済規模に成りました。

今や、世界における日本のGDP(経済規模) はたったの6%台に過ぎません。

しかしながら、そのたった6%の経済規模の中に多くの日本人は、
毎月の収入も日本円、蓄える資産も日本円と非常に片寄った資産形成をしているのが大多数です。
つまり、リスクが一点に集中した状態に陥っている現状があります。

私はこれは将来への資産設計を考える上で、とても大きなリスクだと考えています。
たとえ、毎月の収入が日本円のみであったとしても、
貯めていく資産の半分または、ほんの一部だけでも日本円以外で構成していく事は、もはや簡単な時代です。
気が付いて、実行ができるかできないかだけの差であると思います。

私は一人でも多くの方と正しい情報を一緒に共有し、
世界の経済成長が、ご縁を頂きました皆様の資産成長につながり、世界を一緒に楽しむ事ができる人生にしていきたいと考えています。

株式会社ウィズダムライフ
代表取締役 森口貴栄
IFA・資料請求はこちら