1. TOP
  2. オフショア投資の関連情報 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング
  3. PPB口座とは | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング

PPB口座とは | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング | そしてオフショア投資はこちら

PPB口座  ( PPBこうざ )

 オフショア投資セミナー動画

香港ifa オフショア投資のお問い合わせ

PPB口座 USD300,000~

PPB口座(Private Portfolio Bond)は、イギリスではラップ口座のことをBondと昔呼んでいたことから、この呼び名の伝統を受け継いでいる。

PPB口座の特徴
・投資選択対象は世界中のほぼすべてのファンド(投資信託)
に投資が可能である。
・機関投資家向けのファンドも低額で購入が可能
・現株(未上場株式を含む)購入、PPBに組み込むことが可能
・レバレッジを1.7倍までかけることが出来る
(プライベートバンクの口座とほぼ同様の機能を果す)
・枠組みはオフショア生保が提供する保険商品
・円の預入れ口座あり、TTB/TTSは中値で計算

よく似た商品としてPB(Portfolio Bond)がある。
PBは保険会社が用意したファンド(100~200本)しか投資できないという特徴がある。
PBは香港金融庁が認可したものを選択するのが基本となるが、PPBには制限がない。

IFA(アドバイザー)からすると、選択肢が無限にあるPPBのほうが扱いやすいと言われている。

PPBの目標リターンは通常年利20%~30%を狙う。

PPBはIFA(アドバイザー)業界では、プライベートバンクに対抗するもの
という位置付けである。
理由としては、多く一般的なプライベートバンクが自社のプラットフォームで限られた選択肢しか顧客に提供できないのに対し、PPBでは幅広い(無限の)選択肢を用意できるところにある。

PPBを購入する方のほとんどは、プライベートバンクから流れてくる、
又は、プライベートバンクとアドバイザーを併用しようとする方が多いと言われている。

日本のあるいは香港のプライベートバンクまたはそれに類似した金融サービスと異なり、
投資先に制限がないことから富裕層サービスに適している。
日本では金融商品を制限して投資家保護を図っているが、
例えば香港では金融商品は制限せず、ファイナンシャルアドバイザーを制限して
投資家保護が図られている。

ファイナンシャルアドバイザーへの厳しい教育体制
1.年間10時間以上の継続教育
2.倫理規定に違反した場合の厳しい罰則
3.香港金融監督庁が認めるアドバイザー免許試験のハードルの高さ
等があげられる。

PPBのデメリット
他のプライベートバンクサービスと異なり、現金化に時間がかかり、
投資先にもよるが2週間~6週間の時間を必要とする。
従って、2週間~6週間後に顧客の口座にご希望の現金が振り込まれる
こととなる。

商品例   E
提供会社 R
名目最低投資額 USD 100,000~
証券維持費 初期投資額の 1.5% /年(最初の5年間)
固定管理費 GBP 96 / 四半期
取引手数料 GBP 15/取引
為替手数料 GBP 15/取引 (インターバンクレートで決済)
解約手数料 初年度7.5%、
2年目以降四半期ごとに0.375%減少
満5年後以降無料
マン島の90%保障 あり
ファンド販売手数料 0% – 1.5% 基本的に徴収なし
ファンド信託報酬 個別のファンドによるが、通常0.5% – 3.0% / 年
アドバイザリー・フィー  1.0% / 年
共同名義 の設定あり

お客様のニーズに合った最適なIFAを無料でご紹介いたします。

 

 

このWebサイトは、国内だけでなく海外にも目を向け、投資をされる個人投資家の方へ情報提供を目的としたもので、特定の金融機関・金融商品の取引や勧誘を推奨する目的のものではございません。 また、日本語訳の記述に不正確な箇所・矛盾があった場合、英文を正文とします。

 

 オフショア投資で成功したいなら必見!

 

【無料】IFAご紹介、資料請求受付中
こんにちは、

ファイナンシャルアドバイザーの森口貴栄です。

現在、FP事務所を経営し、4歳になる娘の父でもあります。

専門は、海外を活用した資産分散と海外投資で約10年になってきました。

主に、香港、シンガポール、スイスといった世界の一流金融センターを活用して
本物の海外投資・オフショア投資をしています。

私自身のビジネスを通して貢献していきたい事は、

15年以上の海外投資経験と人脈を活かして、
グローバル経済に適応した世界レベルの資産分散と資産形成のサポートです。

かつて世界第二位の経済大国であった日本も、
数年前に中国に追い抜かれ、その中国は今やドル換算で日本の2倍の経済規模に成りました。

今や、世界における日本のGDP(経済規模) はたったの6%台に過ぎません。

しかしながら、そのたった6%の経済規模の中に多くの日本人は、
毎月の収入も日本円、蓄える資産も日本円と非常に片寄った資産形成をしているのが大多数です。
つまり、リスクが一点に集中した状態に陥っている現状があります。

私はこれは将来への資産設計を考える上で、とても大きなリスクだと考えています。
たとえ、毎月の収入が日本円のみであったとしても、
貯めていく資産の半分または、ほんの一部だけでも日本円以外で構成していく事は、もはや簡単な時代です。
気が付いて、実行ができるかできないかだけの差であると思います。

私は一人でも多くの方と正しい情報を一緒に共有し、
世界の経済成長が、ご縁を頂きました皆様の資産成長につながり、世界を一緒に楽しむ事ができる人生にしていきたいと考えています。

株式会社ウィズダムライフ
代表取締役 森口貴栄
IFA・資料請求はこちら