1. TOP
  2. オフショア投資の関連情報 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング
  3. HSBC香港上海銀行とは | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング

HSBC香港上海銀行とは | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング | そしてオフショア投資はこちら

HSBC香港上海銀行  ( HSBCほんこんしゃんはいぎんこう )

 オフショア投資セミナー動画

香港ifa オフショア投資のお問い合わせ

HSBC(香港上海銀行)

HSBC

HSBC(香港上海銀行)とは

 英名:The Hongkong and Shanghai Banking Corporation Limited(略称HSBC)
 イギリスのロンドンを本部として、
 世界85カ国の国と地域で、1億を超えるお客様に、
 金融サービスを提供している。
 香港に本店を置き(HSBC香港)、世界最大級のスケールと、
 クオリティで世界トップの銀行として、世界的評価を受けている。

・世界有力企業ランキング
 「Forbes Global 2000」第一位
 「世界の銀行ブランド価値ランキングトップ500」第一位

 「Forbes Global 2000」売上高、利益、資産、時価総額の
 総合評価でランキングを決定している。

沿革

 「The world’s local bank」というキャッチフレーズのもと、
 世界のさまざまな国や地域でサービスを提供し続けるHSBC。
 日本では、グループの母体である香港上海銀行が1866年に業務を開始、
 その後横浜に続き神戸、長崎にも支店を開設し、140年の歴史を有して今に至る。
 日本における開設されたHSBCプレミアセンター
 (セブン銀行・ゆうちょ銀のATM利用提携も開始)
 赤坂・広尾・横浜市中区・丸の内・銀座・池袋・三宮

お客様のニーズに合った最適なIFAを無料でご紹介いたします。

IFAの移管・変更・移籍 マッチングサービス

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
  こちら からお申込下さい。

 IFAの移管・変更希望入力フォーム
 → http://bit.ly/zUWFSI

IFAの移管・変更とは、
オフショア生保など金融機関が提供している投資プラットフォームであるラップアカウント、
投資ラップ口座の運用指示(一任運用など)・アドバイスを行うIFA(独立ファイナンシャルアドバイザー)を
移管・変更・移籍することを言います。

IFA(代理店)の変更・移管を考えられている方

・そもそも何処がIFAで担当者も分からない
・不要な年会費、諸会費など毎年のコストが大きい
・直接IFAと契約ができていない(間に様々な代理店が介在している)
・IFAの事務的な手続きが非常にいい加減で信用できない
・IFAとして運用能力を有していないように見受けられる
・IFAの運用哲学をしっかりと持っているとは感じられない などなど

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
  こちら からお申込下さい。

 IFAの移管・変更希望入力フォーム
 → http://bit.ly/zUWFSI

通常、アドバイザーを付けてのオフショア投資を行う場合、
資金の管理・保全・商品の提供ををオフショア生保など金融機関で行い、
投資先の選定・運用・アドバイスをIFAが行うのが一般的です。

また、その他IFAの役割として、
運用中のお客様の事務的な手続の代行を行います。

そのため、あくまでオフショア生保など金融機関は、資産の管理・保全のみを行っており、
運用益、利回りには影響を及ぼしません。(手数料を除いて)

これは、積立投資口座と一括投資口座についても同じ事がいえます。

例えば積立型の口座であれば、
オフショア生保など金融機関が提供する口座に定期的に投資資金を入れていき
そこからオフショア生保などが世界中から厳選した
世界トップクラスの 約24社のファンド運用会社(投資会社)の
ファンド約200種類以上のファンドの内から最大10本までを
代理店・IFAであるアドバイザーが、経済状況や運用状況に応じて、
任意に選択し運用していく仕組みです。

そのため、オフショア生保など金融機関事態に利回りはなく
どのタイミングで、ファンドを選択して運用していくかによって運用成績や利回り(リターン)は
IFAの運用状況や開始タイミングにより影響するため、
投資家それぞれにより運用状況は変わることになります。

もちろん、投資家自身でファンドを選択することもできますが、
一般的にはIFAと呼ばれるアドバイザーにファンドの選択を一任で任せたり、アドバイスを受けます。
ですので、アドバイザー次第で運用成績や利回り(リターン)が左右されることになります。
また、もし運用成績や利回り以外にも、運用開始後のサポートや対応に不満を持っていれば、
IFAの移管や変更を検討した方が良い場合もあります。

現在、香港だけでも200社以上のIFAがビジネスを行っていますが、
過去のリーマンショックの前には、大小を含め、400社を超えるIFAがありましたが、
リーマンショック後、経営基盤が脆弱なIFAや、しっかりとした運用を行う
事ができないIFAは、廃業したり、吸収されたりと淘汰が進みました。

また、日本においては、
IFAとの間に複数の組織や会社が何層にも渡って関わっていたり、
いい加減な仲介者が介在していたり、

ネットワークビジネスの商材になっている例も少なくありません。
そのため、毎月の様に、非常に多くの方から、
IFAの移管や変更に関する問合せが増えている現状があります。

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
  こちら からお申込下さい。

 IFAの移管・変更希望入力フォーム
 → http://bit.ly/zUWFSI

このWebサイトは、国内だけでなく海外にも目を向け、投資をされる個人投資家の方へ情報提供を目的としたもので、特定の金融機関・金融商品の取引や勧誘を推奨する目的のものではございません。 また、日本語訳の記述に不正確な箇所・矛盾があった場合、英文を正文とします。

オフショア投資関連情報  >>  
H | 
金融機関
 >>  
HSBC香港上海銀行

オフショア投資で成功したいなら必見!