1. TOP
  2. オフショア投資の関連情報 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング
  3. シンガポールとコーンヒル 2020年【6月最新】

シンガポールとコーンヒル 2020年【6月最新】 | そしてオフショア投資はこちら

コーンヒル マネジメント  ( Cornhill Management )

2020年6月1日更新

 オフショア投資セミナー動画

香港ifa オフショア投資のお問い合わせ

コーンヒル マネジメント  (Cornhill Management)

1997年設立、15年以上の歴史

コーンヒル マネジメント社(Cornhill Management)は、
オーダーメイドの金融投資ソリューションの提供におけるパイオニア企業である。
1997年の創業以来、コーンヒル マネジメント社は、オーダーメイドの投資商品を提供し、
製品設計、エンジニアリング、流通とマーケティングにおいて橋渡しをしている。

コーンヒル マネジメント及び投資管理のパートナーなどを含めた
監視下の総資産額 1,700億ドル

コーンヒル マネジメントの管理下の資産合計
 3,000,000,000米ドル

世界中のコーンヒルマネジメントのクライアント
 100,000人以上

世界クラスのサポートサービスにより、
4大陸40カ国で厳選したパートナーとのグローバルネットワーク構築している。

コーンヒル社の投資ソリューションは、コーンヒル社を活用するすべての投資家の
ライフスタイルやプロファイルを満たすように形成されている。
そのため、ライフスタイルに対応したアカウント(口座)の提供がされている。

積立資金の取立銀行 HSBC ロンドン(イギリス)
商品設計・考案、マーケティングコーディネート:コーンヒルマネジメント(ルクセンブルク)
運営・管理:コーンヒルマネジメント(スロバキア)

ルクセンブルク金融監督委員会(CSSF:Commission de Surveillance du Secteur Financier)
UCITSIVの元での規制

EU の証券規制 MiFID
「金融商品指令」(The Market in Financial Instrument Directive, MiFID)
による規制

コーンヒル マネジメント社(Cornhill Management)は、
これらユニークな投資ソリューションのパイオニアとして世界的な金融業界で地位を固め、
コーンヒル社は、貯蓄プラン、投資ファンド、国際投信、投資口座、ストラクチャード金融商品において
最高の専門家として地位を確立してきた。

国際的な投資家の分布エリアの例

世界中 40ヶ国以上の投資のプラットフォーム

  ルクセンブルグ
  オーストラリア
  ベルギー
  キプロス
  フィンランド
  ギリシャ
  アイルランドポーランド
  ポーランド
  スロバキア
  スペイン
  スエーデン
  スイス
  イギリス
  
  ボツワナ
  ガーナ
  ケニア
  ナイジェリア
  南アフリカ
  
  バーレーン
  クエート
  オマーン
  カタール
  
  ブルネイ
  中国
  香港
  日本
  インド
  インドネシア
  マレーシア
  フィリピン
  シンガポール
  台湾
  タイランド
  
  UAE

お客様のニーズに合った最適なIFAを無料でご紹介いたします。

 

海外居住者と仮想通貨、オフショア口座

海外居住者と仮想通貨

2017年以降、仮想通貨の盛り上がりにより、海外居住者の間でもビットコインをはじめとした仮想通貨も注目されている。

仮想通貨・暗号通貨は、デジタル通貨の一種で、
ブロックチェーン(英語: Blockchain)ブロックチェーン技術を使った、
分散型台帳技術、または、分散型ネットワークを使った通貨である。

代表的な仮想通貨にはビットコインやイーサリアムリップルビットコインキャッシュなどをはじめ
既に3,000種類以上存在しており、一般的には中央銀行などの国家主体が発行せず、規制が及ばない通貨としての性質がある。

銀行など第三者が介在せずとも、ユーザー同士が直接資金のやり取りができるため、
送金手数料が不要になり、送金コストを抑える事ができる場合があり、海外送金国を超えた資金のやり取りにも有効である。

そのため、投資や投機目的の取引だけでなく、海外居住の資金、
海外居住者同士または、海外居住者と日本居住者との資金のやり取りや国際送金海外送金の手段としても大変注目されている。

特に新興国をはじめ政治や経済が安定しにくい地域の海外居住者にとっては、
非常に有効な海外送金手段になりえるが、ビットコインをはじめとした仮想通貨自体の値動きが激しく、
価格が常に乱高下しているため、コスト削減の目的で仮想通貨を使っても、着金時のレートで損をしてしまう可能性も大いになる。

 

海外居住者とオフショア口座

仮想通貨は一時的な資金移動には使えても
中長期的な資金管理や資産構築としてはまだまだ発展途上であるため
海外居住者にとってはまだまだ英国をはじめとした信用が高いオフショア口座が王道になっている。

オフショア投資口座やオフショアの金融機関では、
資金の入金、投資にあたりVISAカードマスターカード、JCBなどのクレジットカードデビットカードが対応しているため、例え自身の住んでいる地域の金融機関の格付が低かったり規模の小さく不安な銀行や証券会社で
あったとしても、現地の銀行(お住まいの地域の)銀行にてクレジットカードやデビットカードの発行ができれば、
現地の銀行口座からクレジットカードやデビットカードを経由して、直接オフショアの信用の高く、歴史のある格付が良い一流の金融機関に資金を移す事が可能になる。

日本ではマイナンバー制度が整備されて以降、日本に住所を持たない(住民票がない)海外居住者は、
銀行口座証券会社の投資口座を保有、運用する事は極めて困難な状況にある。

世界的に仮想通貨に対して各国が規制を及ぼす動きも進んでいるため常に注視が必要である。

海外居住者のための資金管理、海外送金

 

シンガポール  ( しんがぽーる )

シンガポール共和国(シンガポールきょうわこく)

通称シンガポール

東南アジアのマレーシアに隣接するシンガポール島と周辺の島嶼を領土とする共和制国家
シンガポール市を中心とし、都市国家であり、イギリス連邦加盟国である。

シンガポールの経済

シンガポールは、ビジネス、人材、文化、政治などを総合評価した世界都市ランキングにおいて、
世界11位の都市と評価されている。
IMFの統計では、2011年のシンガポールのGDPは2598億ドルで、埼玉県とほぼ同じ経済規模にあたる。
2011年の一人当たりのGDPは49,270ドル、世界でも上位に位置している国の一つである。

国際競争力が非常に強い国であり、2011年の世界経済フォーラムの研究報告書において、
世界第2位の国と評価された。
富裕世帯の割合が世界で最も高く、およそ6世帯に1世帯が金融資産100万ドル以上を保有しているとされる。
現地通貨はシンガポール・ドルが使用されている。
2013年アメリカのダウ・ジョーンズなどが公表した国際金融センターランキングにおいて、
ニューヨーク、ロンドン、香港、東京に次ぐ、世界第5位と評価された。

シンガポールの租税 税制

法人税と個人所得税の両方はほかの多くの国と同様に累進税率方式を採っている。
住民税や事業税のような地方税は存在せず、すべて国税となる。

法人税
法人税は賦課課税方式であり、納税額の確定は納税者の提出する申告書類などによって税務当局が行う。
税務調査官が実地調査することはほとんどない。シンガポールでは、交際費は損金として認められている。

個人所得税
個人所得税の源泉徴収制度はないが、税務当局が企業に指示を出して給与から控除される制度が存在する。

このWebサイトは、国内だけでなく海外にも目を向け、投資をされる個人投資家の方へ情報提供を目的としたもので、特定の金融機関・金融商品の取引や勧誘を推奨する目的のものではございません。 また、日本語訳の記述に不正確な箇所・矛盾があった場合、英文を正文とします。

 

オフショア投資で成功したいなら必見!

 

【無料】IFAご紹介、資料請求受付中
こんにちは、

ファイナンシャルアドバイザーの森口貴栄です。

現在、FP事務所を経営し、4歳になる娘の父でもあります。

専門は、海外を活用した資産分散と海外投資で約10年になってきました。

主に、香港、シンガポール、スイスといった世界の一流金融センターを活用して
本物の海外投資・オフショア投資をしています。

私自身のビジネスを通して貢献していきたい事は、

15年以上の海外投資経験と人脈を活かして、
グローバル経済に適応した世界レベルの資産分散と資産形成のサポートです。

かつて世界第二位の経済大国であった日本も、
数年前に中国に追い抜かれ、その中国は今やドル換算で日本の2倍の経済規模に成りました。

今や、世界における日本のGDP(経済規模) はたったの6%台に過ぎません。

しかしながら、そのたった6%の経済規模の中に多くの日本人は、
毎月の収入も日本円、蓄える資産も日本円と非常に片寄った資産形成をしているのが大多数です。
つまり、リスクが一点に集中した状態に陥っている現状があります。

私はこれは将来への資産設計を考える上で、とても大きなリスクだと考えています。
たとえ、毎月の収入が日本円のみであったとしても、
貯めていく資産の半分または、ほんの一部だけでも日本円以外で構成していく事は、もはや簡単な時代です。
気が付いて、実行ができるかできないかだけの差であると思います。

私は一人でも多くの方と正しい情報を一緒に共有し、
世界の経済成長が、ご縁を頂きました皆様の資産成長につながり、世界を一緒に楽しむ事ができる人生にしていきたいと考えています。

株式会社ウィズダムライフ
代表取締役 森口貴栄
IFA・資料請求はこちら