1. TOP
  2. オフショア投資の関連情報 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング
  3. スタンダードライフの解約や移管について | IFAを無料でご紹介致します

スタンダードライフの解約や移管について | IFAを無料でご紹介致します | そしてオフショア投資はこちら

スタンダードライフの活用術を皆様へ情報提供

Standarad Life【Harvest 101& Harvest Supreme】(ハーベスト101&ハーベストスプリーム101)

Standard Life (スタンダードライフ)会社概要
1832年創業
スタンダードライフ社は、イギリスのエジンバラに本社を置く総合資産運用会社で1828年創業、1832年にスタンダードライフ保険会社としてイギリス政府へ登録しています。中核事業は保険と資産運用で現在の顧客数は700万人にのぼります。規模の点ではイギリス国内で2番目の市場シェアを誇ります(1番はプルデンシャル保険)
イギリス一部市場(FTSE)上場
2006年にはイギリスの証券市場に上場を果たしています。会社資産の保守的な運用のおかげでリーマンショックの影響をほとんど受けておりません。
高い格付け
S&PでA+, ムーディーズでA1を得、それぞれ「将来も安定的」との評価を得ております。

個人の年金作り・また法人の継続的な資産運用口座としてハーベスト101(Harvest 101)は、あらたに毎月USD 1,500以上を積み立てるお客様用に2010年10月から「Harvest Supreme」(ハーベスト スプリーム)の提供を開始いたしました。

初期約束口座と貯蓄口座
スタンダードライフが提供する積立型オフショア投資積立商品ハーベスト101(Harvest 101、Harvest Supreme)は多様な投資機会へのアクセスと柔軟な運用ををご提供いたします。ハーベスト101(Harvest 101、Harvest Supreme)プランは初期口座と貯蓄口座から成り立っており、この二つの口座の時価総額を合計したものがプランの総時価総額になります。

ハーベスト101(Harvest 101、Harvest Supreme)の初期約束口座は、積立を開始してから18ヶ月~24ヶ月間の口座をさします。貯蓄口座は19ヶ月目~25ヶ月目以降契約満了までの口座をさします。ハーベスト101(Harvest 101、Harvest Supreme)の初期約束口座はボーナス特典が付加されるかわり、積立必須で途中で引き出せない等のデメリットがあります。ハーベスト101(Harvest 101、Harvest Supreme)の貯蓄口座にはボーナスがなく、貯蓄口座に蓄積された資金に関しては途中で引き出すことが可能です。

オフショアマッチングでは、スタンダードライフ、ハーベスト101(Harvest 101、Harvest Supreme)などのオフショア投資を成功させるために、日本国内の国家資格者であるファイナンシャルプランニング技能士や税理士が、海外の正式なライセンス(SFC等)保持者でかつ信頼できるIFAやプライベートバンク(スイスPB等)を厳選し、無料で投資家にご紹介致します。

このIFAは代理店として販売時だけでなく、契約後のサポートも行うことになります。スタンダードライフを活用してオフショア投資を行うにあたりIFAの選定が大きなポイントとなるのです。

スタンダードライフ、ハーベスト101(Harvest 101、Harvest Supreme)などは長期契約になることが多いため、サポート力の高いIFAを選定しなくてはなりません。

みなさんにとってスタンダードライフ、ハーベスト101(Harvest 101、Harvest Supreme)などを活用したオフショア投資におけるIFAやプライベートバンク(スイスPB等)とはどの様な存在でしょうか?

  • 「海外のIFAへ直接問合せるのはなんだか不安」
  • 「まだオフショア投資、ハーベスト101(Harvest 101、Harvest Supreme)の専門知識に自信がないから問い合わせづらい」
  • 「そもそも信頼できるかどうか会ってみないとわからない」
  • 「事前にオフショア投資に必要な資格や免許をはじめ色々と情報を仕入れてから契約をしたい」等々・・・

オフショアマッチングではそのような不安や疑問点を解消し、お客様のニーズにぴったりと合ったIFA(香港IFA)やプライベートバンク(スイスPB等)を紹介させて頂いております。

もちろん無料でご紹介いたしますので、まずはお気軽に 資料請求への申込 または 個別相談をご依頼 下さい。

スタンダードライフ  ( すたんだーどらいふ )

 

スタンダードライフ (Standard Life)

スタンダードライフは解約、移管した方が良いのか?
スタンダードライフは移管はできるのか?

契約から数年が経過し、運用を放置してしまっている、サポートを受けていた会社と連絡が取れない、管理ができていない人が増えています。

香港金融庁の金融制度(レギュレーション)の変更を受けて、2014年の新規口座受付停止後
IFAのサポートに満足ができていない、運用がうまくいっていない方が増えています。

スタンダードライフの解約は?
一体、自分のスタンダードライフ積立・一括口座は今どうなっているのか?
移管移籍はできるのか?どうなるのか?

 

スタンダードライフの日本連絡先が無く困られている方や、
数年前の契約から時間が経過し、積立自体は続いているが運用を放置してしまっている方や、支払いが止まったまま放置してしまっている方、サポートを受けていた会社と連絡が取れない、管理ができていない人が増えています。

IFA(代理店)の変更・移管を考えられている方

・そもそも何処がIFAで担当者も分からない
・不要な年会費、諸会費など毎年のコストが大きい
・直接IFAと契約ができていない(間に様々な代理店が介在している)
・IFAの事務的な手続きが非常にいい加減で信用できない
・IFAとして運用能力を有していないように見受けられる
・IFAの運用哲学をしっかりと持っているとは感じられない などなど

スタンダードライフのIFA(代理店)の変更・移管を考えられている方の理由は様々あります。

 

スタンダードライフIFAの移管・変更・移籍ができる仕組みがあることはご存知でしょうか?

もちろん状況やスタンダードライフを契約された時期によっては解約をした方がメリットのある方もいます。
しかし契約の時期、今後の方針によっては早期解約は明らかに損をしたり、相当不利になる場合があります。

スタンダードライフの解約だけを積極的に促す会社もあり解約時の解約サポート手数料だけを目的にしている会社もあります。
早期解約を考えている方は冷静に実際の数字に基づいた判断が必要です。
移管や早期解約の有利・不利は、その方の状況や個々の口座の状態によりまったく異なります。

スタンダードライフ社を含めた世界的に展開をしている金融機関の投資口座やプランであれば、早期解約をせずともその口座を保持したままで投資アドバイザーだけを変更する、いわゆるIFAの移管・変更という事が可能です。
これをIFAの移管・変更といいます。移管により優秀で満足のできる投資アドバイザー、IFAへ変更することが可能です。

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
こちら からご相談、お申込下さい。

 

スタンダードライフ IFAの移管・変更・移籍 マッチングサービス

オフショアマッチングでは、ご要望に沿った移管先のご紹介やサポートをさせて頂く事が可能です。

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
こちら からお申込下さい。

IFAの移管・変更希望入力フォーム
→ http://bit.ly/zUWFSI

 

IFAの移管・移籍について良いくいただく質問

Q.どうしてオフショアマッチングは無料でできるのですか?

当サイトは、ご紹介するIFAや投資顧問業者からお客様がIFAの移管や移籍を実行された場合に、翻訳料・事務手続き報酬をそれぞれのIFAや投資顧問業者から受取る仕組みになっております。

ですので、お客様からオフショア投資に関して、直接投資資金をお預かりしたり報酬を要求したりすることはありませんのでご安心下さい。

 

IFAの移管・変更とは、

オフショア生保など金融機関が提供している投資プラットフォームであるラップアカウント、
投資ラップ口座の運用指示(一任運用など)・アドバイスを行うIFA(独立ファイナンシャルアドバイザー)を
移管・変更・移籍することを言います。IFAの移管・変更・移籍について、詳しくは こちら

尚、新規でのスタンダードライフ口座開設については2014年10月をもって終了されている。

 

スタンダードライフ(Standard Life)とは

スタンダードライフの本社は、エジンバラ
1825年に設立され、生命保険や年金を提供している評判の高い金融機関。
現在では、投資管理・銀行・医療保険商品を中心に、世界中で営業している。
特に英国においては、最大の生命保険や年金事業の経営で、400万人以上の顧客を獲得。
他、グループではカナダ・アイルランド・ドイツ・オーストラリア・インド・アメリカ・
香港・中国本土で約1万人の従業員を有し、2009年6月末には約156億ポンドの資産を築く。

2017年8月
スタンダードライフは、エディンバラ(スコットランド)を本拠とする生命保険会社の
スタンダード・ライフ(Standard life plc)と、アバディーン(同じくスコットランド)を本拠とする
資産運用会社のアバディーン・アセットマネジメント(Aberdeen Asset Management plc)の合併により
スタンダードライフ・アバディーンが設立された。

英スコットランドで保険最大手のスタンダード・ライフは英資産運用会社アバディーン・アセット・マネジメントを買収することで合意したことにより、運用資産で欧州最大級となる資産運用企業が誕生することになる。

アバディーンの株式17%を保有する筆頭株主は三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)であった。
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)買収合意への支持を表明している。

 

スタンダードライフの概要

設立  1825年
事業内容  銀行・保険・証券業
総資産  約121.6億ポンド(2009年6月末)
従業員数  約1万人(2009年)
関連部門  スタンダードライフ・インベストメンツ(1998年)
顧客数   700万人
イギリスFTSE100上場(証券コード:SL.L)

スタンダードライフ・アジアリミテッド

1999年に合弁会社として設立、2002年にはスタンダードライフの100%子会社となる。

スタンダードライフインターナショナルリミテッド
2005年にアイルランドに拠点を置く。それを通じて、イギリスを対象として効率的な
投資商品を販売することのできるグループを設立。2006年に販売開始する。
サービス会社の設立(2004年)

スタンダードライフ 積立投資「ハーベスト101」

Standard Life (Asia) Limited   (“Standard Life”)

Standard Life (Asia) Limited was established in 1999 and registered as an authorised insurer in Hong Kong.

Standard Life (Asia) Limited is a subsidiary of the Standard Life Group and committed to Hong Kong and the Asian region.
Partners are independent financial advisers and other financial institutions.

Standard Life provides wealth management solutions focusing on investment-linked insurance plans to help customers accumulate wealth.

Standard Life Group

Standard Life Group
Established in 1825.
Standard Life is a leading provider of long term savings and investments to around 6 million customers worldwide.

Standard Life has around 9,000 employees internationally, headquartered in Edinburgh.

Standard Life plc is listed on the London Stock Exchange.
Standard Life plc has approximately 1.5 million individual shareholders in over 50 countries around the world.

 

このWebサイトは、国内だけでなく海外にも目を向け、投資をされる個人投資家の方へ情報提供を目的としたもので、特定の金融機関・金融商品の取引や勧誘を推奨する目的のものではございません。 また、日本語訳の記述に不正確な箇所・矛盾があった場合、英文を正文とします。

 

オフショア投資関連情報  >>
さ行 |
金融機関
>>
スタンダードライフ

 ハーベスト101 スタンダードライフ 積立投資

 

スタンダードライフとオフショア投資について

スタンダードライフなどを活用したオフショア投資を行うにあたっては、IFA(金融機関と雇用関係を持たずに独立・中立の立場で顧客にアドバイスをおこなうファイナンシャルアドバイザー)の選択がとても大切となる。

また、IFAにより料金体系やシステムは千差万別であり、「手数料」「年会費」「成功報酬」など、課金されるシステムも様々である。

そのため、オフショア投資を行うにあたって個々のニーズに合った最適なIFA選びは、プロに任せるのが成功への近道だと言える。

では、スタンダードライフとはどういう機関なのか?
スタンダードライフについて、以下に説明する。

スタンダードライフなど オフショア投資を行うには

現在、海外ファンドを購入する方法(オフショア投資)は大きく分けて次の4つになります。

1 海外IFAを通して購入する
2 プライベートバンク(スイスPB等)を通して購入する
3 オフショア銀行のインターネットサービスで購入する
4 直接ファンドへ申し込む

スタンダードライフなどオフショア投資には、上記の4つの方法がありますが、3と4の購入方法に関しましては、手続きの全てが英語でのやり取りになりますので、ある一定レベルの英語力が必要になり、さらに海外の金融商品にも精通している必要があります。

そのため、気軽にスタンダードライフなどオフショア投資を始められるという点で、現実的には1もしくは2の選択肢が最適ではないでしょうか。

では、オフショア投資における1と2のそれぞれのチェックポイントをお教えいたします。

1 海外IFAを通して購入する

IFAは世界中にいますが、日本からやり取りを行う上で便利な拠点は香港やシンガポールでしょう。
IFAの中には、国から授与される正式なライセンスを持つ有資格者(SFC等)がおり、金融商品購入の代行や金融商品の詳しいアドバイスをしてくれる、オフショア投資の心強い存在です。

しかし、英語と日本語の両方を流暢にこなし、ファイナンスの世界にも精通しているIFAは一握りしか存在しないのが現状であり、個人がそのようなIFAを自力で探すのは、それなりの知識と労力、行動力が必要になります。

また、IFAにより料金体系やシステムは千差万別です。「手数料」「年会費」「成功報酬」など、課金されるシステムも様々ですので、お客様のニーズに合った最適なIFA選びは、プロに任せるのが成功への近道だと言えるでしょう。

2 プライベートバンク(スイスPB等)を通して購入する

欧米をはじめ、プライベートバンク(スイスPB等)も世界中にたくさん存在します。

但し、本来のプライベートバンクであるスイス・プライベートバンカーズ協会(SPBA加盟銀行)に所属するスイスのプライベートバンクは14行のみです。

オフショアファンドを購入するには、国内にある銀行から直接購入することはできませんが、プライベートバンク(スイスPB等)に口座を作ることで、ファンドの買い付けをする事が可能です。 プライベートバンク(スイスPB等)では、多くのヘッジファンド・オフショアファンド会社と取引関係があり、ヘッジファンド・オフショアファンドの購入をスムーズに行ってくれるところもあります。

IFA同様、こちらも一口にプライベートバンク(スイスPB等)といいましても料金体系や得意分野は千差万別です。

プライベートバンク(スイスPB等)のほとんどは、資産管理料(カストディアンフィ)を主な収入としていますので、ある一定規模の資産を保有されているお客様が対象となります。