1. TOP
  2. オフショア投資の関連情報 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング
  3. インベスターズトラスト 2018年版 アシュアランス 活用術 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング

インベスターズトラスト 2018年版 アシュアランス 活用術 | IFAを無料でご紹介致します オフショア投資のオフショアマッチング | そしてオフショア投資はこちら

インベスターズ・トラスト・アシュアランス SPC  ( Investors Trust Assurance SPC )

 エボリューション,ITA,元本確保インデックス

S&P500インデックス,元本確保,エボリューション,ITA

インベスターズトラスト アシュアランス SPC(ITA) 格付会社からの評価

インベスターズトラスト アシュアランス SPC(ITA)は、
金融会社と保険会社の信用度をランクづけする A.M. Best社において、
“安定”と評価されている。

http://www.ambest.com/

米AMベスト社は(1899年に創立)保険会社「財務健全度格付 Financial Strength Ratings」、
「債券格付 Debt Ratings」を行う保険専門の格付機関として長年独占的な地位を保っている

インベスターズトラスト アシュアランス SPC(ITA)は、世界中のグローバル投資家に対して
サービスを提供できるよう、ITAはサービスオフィスを設立している。

ケイマン諸島 本社
マイアミ(アメリカ合衆国フロリダ州)サービス拠点
香港 サービス拠点
クアラルンプール(マレーシア) 支社
モンテビオ (ウルグアイ)サービス拠点

それにより、世界中の投資家に対してグローバル市場のアクセス商品を提供される。
ITAは常に革新的で、投資家がオンラインで自身の投資商品の管理ができるよう力を入れている金融機関の一つである。

世界トップクラスのアセット・マネジャー(金融機関)である
ピクテ、ブラックロック、モルガンスタンレイ、フランクリンテンプルトンなどと
ともに協力し合い、ITAは便利な投資プラットフォームを提供している。

ITA(Investors Trust Assurance SPC)のプラットフォームは投資選択の幅が広く、
退職に向けた投資プラットフォームとポートフォリオをサポートや投資家と投資家の家族に適したプランを提供している。
世界中の投資家のニーズに応える為に、ITA(Investors Trust Assurance SPC)では、
中長期のユニットリンク型商品に特化しており、柔軟かつ税効率の良いプランを提供している。

また、他のオフショア投資プロバイダーでは少ない元本保証型商品(正確には確保型商品)や、満期時100%保証型(確保型)商品や、満期時140%、160%保証の商品などのラインナップが豊富なのも特徴の一つである。

元本保証と聞くと日本人には非常に安心感人気があるが、投資である限りその商品特有のリスクや注意点も間違いなく存在するため、正しい知識と経験を身に付けているアドバイザーへの相談は必須である。

 

エボリューション  S&P500インデックス元本確保,ITA

 

インベスターズトラスト アシュアランス SPC  ( Investors Trust Assurance SPC )

インベスターズトラスト アシュアランスSPCは、ケイマン諸島に拠点を置く
世界的な保険会社で、ケイマン諸島金融管理局の許可を持つ国際的な保険会社である。

尚、保険会社とはいっても、日本でイメージする保険(生命保険)ではなく、資産を運用・保全を目的に保険会社が資産を管理するという仕組みが欧米を中心に海外では主流になっている。

インベスターズトラストは、オフショア資産管理を世界中の数多くの投資家へソリューションを提供している。
Investors Trust Assurance SPCはまた、国際生命保険協会(AILO)のメンバーでもある。

国際生命保険協会(AILO)のメンバーには、
アクサグループ AXA
ジェネラリ Generali International
フレンズプロビデント Friends Provident International
ハンサード Hansard International
スタンダードライフ Standard Life
プルデンシャル PRUDENTIAL
RL360°
HSBC Life
などが加盟している。

インベスターズトラスト アシュアランス SPC(ITA)は投資関連の保険商品を専門としており、
国際投資市場、オフショア投資市場において業界をリードし、一流の顧客サービスを提供し、高い評価・評判を得ている。

 

インベスターズトラストでの詐欺や嘘、騙されたなどの書き込みについて

インベスターズトラストについて、グーグルやヤフーで検索すると詐欺騙されたなどの掲示板への書き込みや匿名ブログなどでの情報が多く見受けられます。
また、賛否両論の意見が多く、方や騙されたや大きく損をした等の記事があったり、逆に高いリターンで非常に魅力的な運用が出来ているなどの記事があったりと初めてインターネットで検索された方は戸惑われるているのではないでしょうか。

これらは、マイナスのキーワードで人の不安を煽ることで結局は自分のメルマガやLINE@に登録を促しして結局は自分達の情報商材やアフィリエイトへの誘導するという手法が横行しているようでのでご注意下さい。

また、これらの多くは匿名ブログニックネームなどで記事が書かれている事も特徴の一つです。

 

インベスターズトラスト アシュアランス SPC(ITA)の主な特徴

高い格付けを持つ機関
特に国際投資家のために商品構造
オープンアーキテクチャープラットフォーム
広範囲にわたる投資商品
多言語でのサポート
最先端のインターネットプラットフォーム

インベスターズトラストの商品は、独立したIFA(ファイナンシャル・アドバイザー)を通じて提供される。

2008年以前アメリカン・インターナショナル・アシュアランスSPC
(アメリカン・インターナショナル・インベスターズトラストまたは、AIITとして知られていた)

グローバル規模でビジネスを行うことを目的にに正式社名を変更された。

インベスターズトラスト アシュアランスSPCは、グローバルプロバーダーとして、競争するためにビジネスを成長させる転換戦略と、そのブランドを継続維持を合わせて社名変更と報道されている。

 

エボリューション  S&P500インデックス元本確保,ITA

 

IFAの移管・変更・移籍 マッチングサービス

 

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
こちら からお申込下さい。

IFAの移管・変更希望入力フォーム
→ http://bit.ly/zUWFSI

IFAの移管・変更とは、
オフショア生保など金融機関が提供している投資プラットフォームであるラップアカウント、
投資ラップ口座の運用指示(一任運用など)・アドバイスを行うIFA(独立ファイナンシャルアドバイザー)を
移管・変更・移籍することを言います。

IFA(代理店)の変更・移管を考えられている方

・そもそも何処がIFAで担当者も分からない
・不要な年会費、諸会費など毎年のコストが大きい
・直接IFAと契約ができていない(間に様々な代理店が介在している)
・IFAの事務的な手続きが非常にいい加減で信用できない
・IFAとして運用能力を有していないように見受けられる
・IFAの運用哲学をしっかりと持っているとは感じられない などなど

2018年現在、お困りの方が増えています。

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
こちら からお申込下さい。

IFAの移管・変更希望入力フォーム
→ http://bit.ly/zUWFSI

通常、アドバイザーを付けてのオフショア投資を行う場合、
資金の管理・保全・商品の提供ををオフショア生保など金融機関で行い、
投資先の選定・運用・アドバイスをIFAが行うのが一般的です。

また、その他IFAの役割として、
運用中のお客様の事務的な手続の代行を行います。

そのため、あくまでオフショア生保など金融機関は、資産の管理・保全のみを行っており、
運用益、利回りには影響を及ぼしません。(手数料を除いて)

これは、積立投資口座と一括投資口座についても同じ事がいえます。

例えば積立型の口座であれば、
オフショア生保など金融機関が提供する口座に定期的に投資資金を入れていき
そこからオフショア生保などが世界中から厳選した
世界トップクラスの 約24社のファンド運用会社(投資会社)の
ファンド約200種類以上のファンドの内から最大10本までを
代理店・IFAであるアドバイザーが、経済状況や運用状況に応じて、
任意に選択し運用していく仕組みです。

そのため、オフショア生保など金融機関事態に利回りはなく
どのタイミングで、ファンドを選択して運用していくかによって運用成績や利回り(リターン)
IFAの運用状況や開始タイミングにより影響するため、
投資家それぞれにより運用状況は変わることになります。

もちろん、投資家自身でファンドを選択することもできますが、
一般的にはIFAと呼ばれるアドバイザーにファンドの選択を一任で任せたり、アドバイスを受けます。
ですので、アドバイザー次第で運用成績や利回り(リターン)が左右されることになります。
また、もし運用成績や利回り以外にも、運用開始後のサポートや対応に不満を持っていれば、
IFAの移管や変更を検討した方が良い場合もあります。

現在、香港だけでも200社以上のIFAがビジネスを行っていますが、
過去のリーマンショックの前には、大小を含め、400社を超えるIFAがありましたが、
リーマンショック後、経営基盤が脆弱なIFAや、しっかりとした運用を行う
事ができないIFAは、廃業したり、吸収されたりと淘汰が進みました。

また、日本においては、
IFAとの間に複数の組織や会社が何層にも渡って関わっていたり、
いい加減な仲介者が介在していたり、

ネットワークビジネスの商材になっている例も少なくありません。
そのため、毎月の様に、非常に多くの方から、
IFAの移管や変更に関する問合せが増えている現状があります。

▼ IFAの移管・変更・移籍のマッチングサービス(無料)を希望される方は
こちら からお申込下さい。

IFAの移管・変更希望入力フォーム
→ http://bit.ly/zUWFSI

 

このWebサイトは、国内だけでなく海外にも目を向け、投資をされる個人投資家の方へ情報提供を目的としたもので、特定の金融機関・金融商品の取引や勧誘を推奨する目的のものではございません。 また、日本語訳の記述に不正確な箇所・矛盾があった場合、英文を正文とします。

 

オフショア投資関連情報  >>
あ行 |
金融機関
>>
インベスターズトラスト アシュアランス

 エボリューション、S&P500元本確保インデックス,ITA